裸眼3D対応の4Kテレビ「REGZA 55X3」12/10発売

デジタル生活 その他

REGZA 55X3
  • REGZA 55X3
  • REGZA 55X3
  • QFHD超解像技術
  • 直下LEDエリアコントロール
  • フルHD(1920×1080)の約4倍の解像度を持つQFHD(Quad Full High Definition)パネル(3840×2160)
 東芝は、裸眼3Dに対応し55型・3840×2160ドットの4K/2Kパネルを採用する液晶テレビ「REGZA 55X3」を12月10日より発売することを明らかにした。価格はオープンプライスだが、同社広報部によると店頭予想価格は90万円前後。

 55X3は、フルHD(1920×1080)の約4倍の解像度を持つQFHD(Quad Full High Definition)パネル(3840×2160)と東芝独自のQFHD超解像技術により、優れた高画質映像を実現。液晶ディスプレイの直下に240個のLEDバックライトを搭載、240分割の細かな制御で微細な描写を実現する「直下LEDエリアコントロール」を採用し、細部のきめ細かな制御を可能にした。

 映像エンジンは、“CEVO(CELL EVOLUTION)”と呼ばれる東芝の独自開発。55X3ではCEVOのメインLSIを2基搭載し(「レグザエンジンCEVO Duo」)、従来のレグザエンジンの約6.8倍の高速演算処理能力を持つという。

 また、グラスレス3Dは、パネルからの光を特殊なシートによって多方向に向けることで裸眼での3D視聴が可能。この特殊なシートを無効化する機能も併せて備えており、4倍画素QFHD(3840×2160)の2D映像とグラスレス3D映像(1280×720)を切り換えて表示する世界初の機能を実現している。

裸眼3D対応の4Kテレビ「REGZA 55X3」の発売が12月10日に決定!

《編集部@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)