留学ジャーナル、大学・大学院留学のオススメ奨学金情報

教育・受験 その他

 留学ジャーナルは、大学・大学院留学を検討している学生を対象に3種類の奨学金情報を提供している。支給額や応募方法は留学先などにより異なるが、留学による費用面に不安を抱く学生は少なくないとして、情報提供を行っている。

 留学に必要な英語力を証明する際に利用されるアイエルツ(IELTS)試験は、2012年中に海外の大学・大学院へ留学する学生を対象に「IELTS北米奨学金」と、「IELTS Study UK奨学金」を用意している。「IELTS北米奨学金」は、米国・カナダに留学する学生が対象で、選考された学生には6,000ドルが支給される。「IELTS Study UK奨学金」は、英国の大学・大学院に進学する学生を対象にしており、1年間有効なロンドンー成田間の往復航空チケット(25万円相当)が支給されるという。

 TOEFLテストを開発・運営する米ETSは、「2012 TOEFLテストスカラシッププログラム」を提供。同社のリストに掲載されている大学・大学院に留学する学生のみが対象だが、募集定員は5名、支給額は1人あたり8,000米ドルだという。申し込み締め切り日は4月13日(当日消印有効)。

 オーストラリア、ビクトリア州にて博士号を取得する学生を対象に、同州は「2013年 ビクトリア州国際研究者向け奨学金」を設立。日本の学生や研究者は、同州9校の大学のうち、1校で博士号の研究を行うことができる。選考された学生1名につき、20,000オーストラリアドルが支給され、研究を行う大学からの支援をあわせると、90,000オーストラリアドルになるという。

 各奨学金の応募方法、期限、支給額、選考方法など詳細な奨学金情報は、Webサイトにて案内されているという。

・2012年度IELTS奨学金:ブリティッシュ・カウンシルWebサイト
・2012 TOEFLテストスカラシッププログラム:TOEFLスカラシッププログラムWebサイト
・2013年 オーストラリア・ビクトリア州国際研究者向け奨学金:2013年 オーストラリア・ビクトリア州国際研究者向け奨学金Webサイト(英語)
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)