奨学金に関するニュースまとめ一覧

 奨学金は主に給付型と貸与型の2つに分けられる。日本学生支援機構(JASSO)のほかにも、各大学や機関が奨学金制度を設けており、その種類や制度は様々。奨学金制度の利用者は増加しているが、奨学金は借りるだけでなく、その返済についてもしっかり考えなければならない。奨学金に関する様々な情報を配信する。

世田谷区、生活保護世帯の大学生に給付型奨学金 画像
教育・受験

世田谷区、生活保護世帯の大学生に給付型奨学金

 世田谷区は2024年2月8日、生活保護世帯出身の大学生らに対する給付型奨学金を創設すると発表した。国の制度の狭間にあり、大学進学率が著しく低い生活保護世帯出身の学生に上限50万円の学費と教材費・通学交通費の実費を給付するとしている。

返済不要の海外留学奨学金、オンライン説明会2-4月 画像
教育・受験

返済不要の海外留学奨学金、オンライン説明会2-4月

 ICCコンサルタンツは、2024年3月12日から返済不要の海外留学奨学生の応募受付を開始する。それにともない、オンラインでの説明会と無料個別相談を実施する。応募資格は18歳以上の学生(2024年3月卒業予定者も対象)。応募締切は4月10日。

小児科医を目指す学生向け「2024年度奨学金」埼玉・千葉 画像
教育・受験

小児科医を目指す学生向け「2024年度奨学金」埼玉・千葉

 川野小児医学奨学財団は、2024年度奨学金給付の申請受付を開始した。対象は埼玉県または千葉県内の高校を卒業し、日本国内の総合大学医学部、または医科大学で小児医学を志す大学生および小児医学研究に従事している大学院生。給付額は月額7万円(返済不要)。応募受付は5月21日まで。

大雪で被害を受けた学生へ、給付奨学金など支援策…JASSO 画像
教育・受験

大雪で被害を受けた学生へ、給付奨学金など支援策…JASSO

 日本学生支援機構(JASSO)は2024年1月26日、1月23日からの大雪などによる災害の支援策について公表した。被害を受けた学生などに対し、給付奨学金の家計急変採用、貸与奨学金の緊急採用・応急採用などの申請を受け付ける。

学奨財団「奨学金の選考分析結果公開」第2期2/1募集開始 画像
教育・受験

学奨財団「奨学金の選考分析結果公開」第2期2/1募集開始

 大学生奨学財団は2024年2月1日に、第2期の奨学生(給付型)の応募受付を開始する。この募集開始にあわせて、応募可否を検討するための手掛かりとなる情報として、第1期の選考分析結果を公開した。

能登半島支援「受験応援給付型奨学金」800名募集 画像
教育・受験

能登半島支援「受験応援給付型奨学金」800名募集

 カタリバは2024年1月19日より、能登半島地震の支援として、中3・高3などを対象に受験にかかる費用を補填する「カタリバ受験応援奨学金(給付型)」の奨学生を募集している。給付金は、中3が2万円、高3が5万円。募集人数は800名。申込締切は1月28日。2月に選考と採用が決定する。

【大学受験2024】北里大、新設の健康科学部…全入学者に給付奨学金 画像
教育・受験

【大学受験2024】北里大、新設の健康科学部…全入学者に給付奨学金

 北里研究所は、2024年4月に北里大学健康科学部を開設するにあたり、新たな奨学金制度「北里大学教育環境整備給付奨学金」を同学部の2024年度入学者全員に適用し、入学金と1年間の学費相当額を給付することを決定した。同学部で総合型選抜試験の2次募集、3次募集を行うことも決めた。

地震被災など、学生支援策の周知徹底求む…文科省 画像
教育業界ニュース

地震被災など、学生支援策の周知徹底求む…文科省

 文部科学省は2024年1月10日、1月1日に発生した能登半島地震の被災者を含む、経済的理由で修学困難な学生に対する支援策の周知について、国公私立大学や高等専門学校、都道府県教育委員会などに通知を発出した。経済的に厳しい状況にある学生が進学・修学を断念することがないよう、必要な情報を漏れなく学生に提供するべく周知徹底を求めている。

能登半島地震、災害支援金や奨学金の申請受付…JASSO 画像
教育・受験

能登半島地震、災害支援金や奨学金の申請受付…JASSO

 日本学生支援機構(JASSO)は2024年1月4日、能登半島地震で被害を受けた学生らに対する支援策を公表した。災害救助法適用地域世帯の学生に「家計急変採用」「緊急・応急採用」の奨学金、住居被害を受けた学生などから「JASSO災害支援金」の申請を受け付ける。奨学金返還者は減額返還・返還期限猶予を願い出ることができる。

【大学受験2024】児童養護施設の生徒に受験料を支援、応募は2月末まで…JASSO 画像
教育・受験

【大学受験2024】児童養護施設の生徒に受験料を支援、応募は2月末まで…JASSO

 日本学生支援機構は2023年12月26日、社会的養護のもとで育った高校生の大学進学を支援する「児童養護施設等の生徒への受験料等支援」の12月15日時点の申請状況について発表した。支援人数は544名で1億880万円。引き続き2024年2月末まで申請を受付中。

返済不要「給付奨学金」ランキング…支給額1千万超・高校生向けも 画像
教育・受験

返済不要「給付奨学金」ランキング…支給額1千万超・高校生向けも

 ガクシーは2023年12月21日、返済不要の「給付奨学金ランキング2023」を発表した。給付奨学金は大学進学を支援するものが多い中、1位には、高校生向けの「日教弘給付奨学金」がランクイン。圧倒的な支給人数で多くの高校生が対象になることが決め手となった。

【大学受験】入学までの費用、最高額は307万円…大学生協 画像
教育・受験

【大学受験】入学までの費用、最高額は307万円…大学生協

 全国大学生協連は2023年12月18日、「2023年度保護者に聞く新入生調査」概要報告を公表した。受験から入学までの費用は、大学の設置者や専攻などで差があり、国公立文科系の自宅生133万1,100円が最安、私立医歯薬系の下宿生307万3,000円が最高額。困ったことや悩んだことに「費用準備」をあげる保護者の増加が目立った。

孫正義育英財団、第8期支援人材募集…1/17より受付 画像
教育・受験

孫正義育英財団、第8期支援人材募集…1/17より受付

 孫正義育英財団は2024年1月17日から3月1日まで、25歳以下を対象に第8期支援人材を募集する。選考通過者は同財団生と認定され、希望者には支援金が給付される。志望者を対象としたオンライン説明会は1月29日に開催する。参加には事前登録が必要。

東北学院大「東日本地域別スカラシップ選抜」給付型奨学金 画像
教育・受験

東北学院大「東日本地域別スカラシップ選抜」給付型奨学金

 東北学院大学は2024年度選抜より、同大を第一志望とする東日本地域出身の優秀な受験生の学びを応援するため、「東日本地域別スカラシップ選抜」を実施する。一般選抜前期A日程を利用し、1学年36人に年間50万円を返還不要で給付する。出願は2024年1月6日~16日。選抜は2月1日。

柳井正財団、海外奨学金説明会&留学体験談1/6 画像
教育イベント

柳井正財団、海外奨学金説明会&留学体験談1/6

 アゴス・ジャパンは2024年1月6日、 奨学金制度についての説明と海外大学の教育について実体験を聞く「柳井正財団海外奨学金説明会&奨学生 留学体験談」をオンラインにて開催する。参加費無料。予約は、アゴスWebサイトにて無料ユーザー登録のうえ行う。

「スペイン留学フェア2023」11/23東京、奨学金特典も 画像
教育イベント

「スペイン留学フェア2023」11/23東京、奨学金特典も

 グロウアップが運営するスペイン留学代行センターは2023年11月23日、東京国際フォーラムにて「スペイン留学フェア2023」を開催する。留学相談、セミナーのほか、参加特典として優良スペイン語学校の奨学金と留学情報誌を用意。入場無料、入退場自由。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 50
  12. 最後
Page 1 of 63
page top