流氷観光船 オーロラ号、オホーツクをゆく

趣味・娯楽 その他

北海道網走の流氷船 オーロラ号 が3月31日まで運行中(撮影日:1月25日)
  • 北海道網走の流氷船 オーロラ号 が3月31日まで運行中(撮影日:1月25日)
  • 北海道網走の流氷船 オーロラ号 が3月31日まで運行中(撮影日:1月25日)
  • 北海道網走の流氷船 オーロラ号 が3月31日まで運行中(撮影日:1月25日)
  • 北海道網走の流氷船 オーロラ号 が3月31日まで運行中(撮影日:1月25日)
  • 北海道網走の流氷船 オーロラ号 が3月31日まで運行中(撮影日:1月25日)
  • 北海道網走の流氷船 オーロラ号 が3月31日まで運行中(撮影日:1月25日)
  • 北海道網走の流氷船 オーロラ号 が3月31日まで運行中(撮影日:1月25日)
  • 北海道網走の流氷船 オーロラ号 が3月31日まで運行中(撮影日:1月25日)
北海道の網走では流氷の季節となっている、流氷観光船『オーロラ』号が3月31日まで運行中だ。オーロラ号は海面を間近に観察できるのが特徴で、船体の横を流れる流氷を見ることができる。

オーロラ号は、2〜3月は毎日5〜6便を運行。最終便は流氷がない場合は運行されないこともある。乗船時間はおおよそ1時間程度の予定だが、港から流氷までの距離があると適宜延長される。料金は大人3300円、子供1650円。

流氷観光船 オーロラ号、オホーツクをゆく…写真蔵

《椿山和雄@レスポンス》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)