周波数Hzのハインリヒ・ヘルツ生誕155周年…2/22Googleロゴ

教育・受験 その他

Google
  • Google
  • 単位になった科学者たち(三菱重工)
 2月22日のGoogleロゴは、ハインリヒ・ヘルツ(Heinrich Rudolf Hertz・1857〜1894年)生誕155周年を記念したもの。周波数・振動数の単位「ヘルツ(hertz、Hz)」の語源となった、ドイツ出身の物理学者だ。

 ハインリヒ・ヘルツは、1864年にイギリスの物理学者マクスウエルが理論的に予測していた電磁波の存在を、1885年から1889年にかけて様々な実験により確認したことで知られる。

 三菱重工はWebサイトにおいて、ハインリヒ・ヘルツほか、ウィルヘルム・C・レントゲン、ジェームス・ワット、ロルフ・シーベルトなど、「単位になった科学者たち」を紹介している。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)