森永乳業、キッザニア東京に「ミルクハウス」パビリオンを出展

 森永乳業は3月21日、キッザニア東京のオフィシャルスポンサーとして「ミルクハウス」パビリオンを出展することを発表した。オープンは4月23日。同パビリオンでは、商品企画などの仕事を体験することができる。

教育・受験 その他
「ミルクハウス」パビリオン 平面図
  • 「ミルクハウス」パビリオン 平面図
  • 商品開発シートとオリジナル商品の完成イメージ
 森永乳業は3月21日、キッザニア東京のオフィシャルスポンサーとして「ミルクハウス」パビリオンを出展することを発表した。オープンは4月23日を予定している。

 「ミルクハウス」パビリオンでは、「ミルクフードマーケター(Milk Food Marketer)」として、購入者が「どんな商品だったらよろこんでくれるのか」を考え、商品企画の仕事を体験することができる。商品のターゲットとなるお客さんの設定やテーマなど、条件に合わせて商品を開発し、「商品開発シート」を作成する。

 このほか、同パビリオンは6歳までの子どもが自由に遊べる「乳幼児エリア」も併設。森永乳業の「赤ちゃん用粉ミルク」や「離乳食」の無料提供サービスも実施する。乳幼児向けのスペースを併設するパビリオンは「キッザニア」初の試みだという。

◆ミルクハウス
オープン日:4月23日(月)
定員:6名/1回
所要時間:約30分
給料:5キッゾ
体験内容:
・牛乳・乳製品の商品企画について説明を聞く
・商品のベースとなる乳製品にあわせる「デザートソース」「クリーム」「トッピング」の組み合わせを考える
・商品をつくる
・商品を専用ブースで撮影
・商品の写真入り「商品開発シート」を印刷(完成した商品は試食できる)
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)