Googleストリートビュー、スイス登山鉄道からの風景が追加

デジタル生活 ソフト・アプリ

「ストリートビュー」から見た登山鉄道の風景
  • 「ストリートビュー」から見た登山鉄道の風景
  • 登山鉄道での撮影の様子
  • 「ストリートビュー」から見たプーケット
  • ワルシャワ旧市街
 グーグルは6日、Googleマップのストリートビューに、スイス登山鉄道からの風景を追加したことを公表した。新たにポーランドとタイも初めて追加された。

 同社公式ブログでは、タイのプーケット、ポーランドのワルシャワ旧市街、スイスの登山鉄道の景観が紹介されている。とくに登山鉄道では、オリンピックも開催されたサンモリッツから、スイスアルプスを抜けてイタリアのティラーノまでを結ぶ、レーティッシュ鉄道「アルブラ線」「ベルニナ線」の122kmに及ぶ風景を見ることができる。

 この登山鉄道は、2008年に世界遺産に登録されており、ユネスコとレーティッシュ鉄道のパートナーシップではじめて実現した。電車の先頭車両にワゴンをくくりつけ、その上に撮影用三輪車(トライク)を積み込んで撮影のこと。

Google、「ストリートビュー」にスイス登山鉄道の風景が追加……ポーランドとタイも初登場

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)