模擬国連の国際大会 日本代表校が決定…5/15ニューヨークへ出発

教育・受験 その他

第5回全日本高校模擬国連大会
  • 第5回全日本高校模擬国連大会
  • 高校模擬国連国際大会
  • 高校模擬国連国際大会
 2011年に開催された「第5回全日本高校模擬国連大会」参加校の中から優秀校5校が発表され、5月17日よりニューヨークで開催される国際大会への参加資格を取得した。

 模擬国連とは、学生が国連加盟国の大使として国連の手続規則をもとに国際問題を討議する大会。ハーバード大学の模擬国際連盟を起源に持ち、日本では2007年に初めて開催された。5回目の開催となった2011年は、「エネルギー保証」を議題とし、全国の高校から約100名が国連大学に集まったという。

 同大会で優秀賞を受賞した5校の参加者は、高校模擬国連国際大会(ニューヨーク)の参加資格と、渡航費、宿泊費などが支給される。優秀賞の受賞校は、慶應義塾湘南藤沢高等部、実践女子学園高等学校、栄光学園高等学校、渋谷教育学園幕張高等学校、聖心女子学院高等科。

 代表の生徒と担当教員は、5月15日にニューヨークへ向けて出発し、17日から19日にかけて行われる国際大会に参加する。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)