台風4号本州縦断、近畿は15時・東海は18時に帰宅を

生活・健康 その他

東京都中野区(19日、16時ごろ)
  • 東京都中野区(19日、16時ごろ)
  • 東京都中野区から西方(19日、16時ごろ)
 日本気象協会の19日15時30分の発表によると、台風4号は、19日14時には室戸岬の南約160kmにあって、北東へ55km/hで進んでいる。台風は暴風域を伴ったまま北上し、夕方以降は四国から近畿に上陸する見込み。

 その後、20日0時には岐阜市の北北西約40kmに達し、20日12時には酒田市の西南西約30kmに達する見込みだ。四国から東海の太平洋側を中心に、非常に激しい雨の降る所があると予想する。関東と東北も夜は雨や風が強まるようだ。

 気象協会では、台風の進路にあたる地域は、暴風や大雨、土砂災害や河川の増水に厳重な警戒が必要であるとする。海上も暴風や高波に警戒が必要。

 ウェザーニュースは、台風4号は近畿・東海では帰宅時間帯を直撃すると予想。鉄道など多数の公共交通機関で運転見合わせの可能性があるため、近畿の人は15時まで、東海の人は18時までに帰宅するように勧めている。

台風4号、本州を縦断……四国、東海、関東、東北は警戒を

《高木啓@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)