子どもの命を救おう、「命の木プロジェクト」の参加者を募集

 特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンは、「命の木プロジェクト」の一環として、8月27日から9月2日にかけ、六本木ヒルズで開催する親子向けイベント「みんなで『命の木』を作ろう!」の参加者を募集している。

教育・受験 その他
命の木プロジェクト
  • 命の木プロジェクト
  • ワールド・ビジョン・ジャパン
 特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンは、「命の木プロジェクト」の一環として、8月27日から9月2日にかけ、六本木ヒルズで開催する親子向けイベント「みんなで『命の木』を作ろう!」の参加者を募集している。

 いま世界では、年間760万人の子どもたちが予防・治療可能な要因によって、5才未満で命を落としているという。「命の木プロジェクト」は、この状況を改善するため、ワールド・ビジョン・ジャパンが6月から9月にかけて実施しているもの。子どもたちを救いたいという気持ちを表す絵・言葉・写真を全国から募集し「命の木」を作るという。

 六本木ヒルズで行われるイベントは、4歳児から小学生までの子どもとその保護者が対象。当日は、子どもたちは大きな紙芝居を見て、日本では当たり前の環境が整っていないために、栄養不良になったり命を落としたりする子どもたちが世界にいることを学ぶ。その後、「世界の子どもたちが、まず5歳まで生きられるように」という気持ちをこめて、会場内にある「命の木」を作るために手の形をした葉っぱを創作するなど、子どもたちが世界に目を向けるきっかけとなる内容となっている。

 「命の木」は10月に東京で開催される国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会で、日本政府と世界のリーダに提出し、日本の市民が世界の子どもたちを救うことに強い意欲持っていることを伝える計画だという。

 参加申し込みは団体ホームページで受け付けている。参加費は無料、定員は各回20名。参加者にはリーフレット絵本がプレゼントされる。

 なお、「命の木」プロジェクトのホームページでは、子どもたちの似顔絵や元気づける言葉、手をつなぐ写真など、子どもたちを救いたいという気持ちを表現する「アクション」を募集している。FacebookやTwitterでも参加することでき、9月20日までに3万件を集めることを目指すという。

◆みんなで「命の木」を作ろう!
日時:8月27日(月)〜9月2日(日) 11:30~、13:00~、14:30~、16:00~(各30分)
場所:六本木ヒルズ ウエストォーク2階
参加費:無料
定員:各回20名
対象年齢:4歳~小学生とその保護者
参加方法:団体ホームペジから申し込み
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)