【高校野球】第1日の日程終了、福岡の飯塚高校が甲子園初勝利

趣味・娯楽 スポーツ

組み合わせ表
  • 組み合わせ表
  • 日本高等学校野球連盟
 第94回全国高校野球選手権大会が甲子園球場で開幕した。酒田南高校(山形)の下妻貴寛主将による選手宣誓の後、1回戦の3試合が行われた。

 開会式では、先導役と始球式のバッテリーを被災3県(岩手、宮城、福島)の選手が務め、選手宣誓では、酒田南(山形)の下妻主将が「明日へと懸命に生きる人々の希望」となり、たくましく爽やかにプレーすると誓った。

 開会式後に行われた第1試合では、福井工大福井(福井)と常葉橘(静岡)が対戦。福井工大福井は、常葉橘先発の宮崎選手の立ち上がりを攻め、1回に3得点。5回表にさらに1点追加すると、その裏の常葉橘の反撃も2点に抑え、2回戦に進んだ。

 第2試合の飯塚(福岡)と広島工(広島)の対戦は、飯塚が打ち合いを制した。飯塚が得点しては、広島工が追いかける見応えのある展開が中盤まで続いたが、飯塚の継投が成功し、甲子園初勝利をあげた。

 第3試合は、佐賀北(佐賀)と仙台育英(宮城)の対戦。23回目の出場となる仙台育英が14安打放ち、8三振を奪う投打のバランスで快勝。2-8と6点差で2回戦に進んだ。

 8月9日(木)の大会2日目は、1回戦4試合が予定されており、神奈川の激戦を勝ち抜いた桐光学園、初出場の杵築(大分)などが出場する。

◆大会第1日、8月8日(水)結果
福井工大福井(福井)4-2 常葉橘(静岡)
飯塚(静岡)6-4 広島工(広島)
仙台育英(宮城)8-2 佐賀北(佐賀)

◆大会第2日、8月9日(木)予定
佐久長聖(長野)- 作新学院(栃木)
盛岡大付(岩手)- 立正大淞南(島根)
今治西(愛媛)- 桐光学園(神奈川)
杵築(大分)- 常総学院(茨城)
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)