東急線の全駅でWi-Fiサービス…国内の鉄道会社初

デジタル生活 モバイル

公衆無線LANサービスの整備完了を示すステッカー
  • 公衆無線LANサービスの整備完了を示すステッカー
  • サービス提供開始スケジュール
 東京急行電鉄およびイッツ・コミュニケーションズは8月30日、2012年9月より順次、東急線の全駅において、各通信事業者の公衆無線LANサービスを整備すると発表した。13年夏頃には東急線全ての駅で利用可能となる。

 自社で通信設備を保有し、自社の光回線をインターネット接続用回線として利用、全駅において主要携帯電話事業者3社を含むWi-Fiサービスを提供するのは、日本の鉄道会社として初めてとなる。

 本サービスでは、東急電鉄は各駅のWi-Fi設備機器を所有し、事業を主体的に推進する。またWi-Fi設備に関する運用・管理は、東急線沿線を中心にケーブルテレビ・インターネット接続などを手掛けているイッツコムが行なう。

 12年9月より、田園都市線全駅で各Wi-Fiサービスが利用可能となり、13年夏頃には東急線全ての駅で利用可能となる予定だ。公衆無線LANサービスの整備が完了した駅には、それを示すステッカーを掲出する。

サービス提供開始スケジュール(予定)
●田園都市線:2012年9月
●東横線:2012年12月
●目黒線・大井町線:2013年4月
●池上線・東急多摩川線・世田谷線:2013年夏頃

東急全線・全駅でWi-Fiサービス……13年夏頃に整備完了

《高木啓@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)