iPhoneを読みたい文字にかざすだけで翻訳、韓国語・中国語対応アプリ

デジタル生活 ソフト・アプリ

TranScopeの画面
  • TranScopeの画面
  • 「TranScope 韓国語<>日本語版」のアプリ画面
  • 「TranScope 中国語(簡体字)<>日本語版」のアプリ画面
  • TranScopeのアイコン
 オムロンソフトウェアは16日、iPhoneを読みたい文字にかざすだけで瞬時に単語を翻訳することのできる、旅行者向けアプリケーションソフト「TranScope」(トランスコープ)の販売を開始した。

 「TranScope」は、自社の組込み向けOCRエンジン「MobileOmCR」をベースとし、オムロンソフトウェアが独自に収集した辞書(韓国語/中国語→日本語 約10,000語、日本語→韓国語/中国語 約14,000語)を搭載した翻訳アプリケーション。海外旅行者や日本への旅行者の利用を想定している。

 リアルタイム翻訳(単語辞書引き)では、かざした文字を即座に翻訳して意味を表示できる。翻訳した結果については、100件まで履歴表示が可能なため、同じ文字を何度もかざさなくても、意味を確認できる。縦書き文字にも、横書き文字にも対応する。また通信を行わないため、圏外でも利用可能。

 韓国語と日本語の相互翻訳、中国語(簡体字)と日本語の相互翻訳の各アプリが用意されている。価格は各350円(税込)で、App Storeからダウンロード可能。動作環境はiPhone 4以上(iPhone 5の画面サイズには11月初旬対応予定)、対応OSはiOS 5.1以上。今後は、中国語(繁体字)と日本語、英語と日本語の翻訳アプリを発売する予定。

オムロンソフトウェア、iPhoneを文字にかざして翻訳できるアプリ「トランスコープ」販売開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)