英語教材「スピードラーニング」不正アップロードで男性を逮捕、アニメ2作品も

デジタル生活 ソフト・アプリ

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は10月15日、茨城県警生活環境課と常総署が10月11日、ファイル共有ソフト「Cabos」を通じて外国語会話教材を権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた、東京都豊島区の会社員男性(45歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕し、10月12日に水戸地検下妻支部に送致したことを著作権侵害事件として発表した。

男性は2012年10月11日頃、株式会社エスプリラインが著作権を有する「スピードラーニング英語(全48巻)」をCabosを通じて権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害した疑いが持たれている。警察によると、男性が約2,000ファイル(555GB相当)をアップロードしていたものとして捜査を進めている。また男性は、外国語会話教材の他にアニメーション2作品を違法アップロードした疑いでも逮捕されている。

アニメ作品の不正アップロードで逮捕の男性、英語教材のCabos公開で逮捕(ACCS)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)