アメックス、大学生の社会貢献支援プロジェクトを開始

教育・受験 その他

Facebook「Student Challenge for Change」ページ
  • Facebook「Student Challenge for Change」ページ
  • 各団体への投票が可能
 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.は26日より、大学生が取り組む社会貢献活動を応援するプロジェクト「Student Challenge for Change学生みんなでつくるイイコト・プロジェクト!」を開始している。

 国際支援や震災復などの分野で大学生が中心となって活動している6団体の活動を、アメリカン・エキスプレスが公式Facebookページ上で紹介することにより、各団体への支援を全国の学生の間で広めるというもの。全国の若者は、団体の取り組みを学び、応援したい団体にFacebookアプリケーションを通して投票することが可能だ。投票は来年2月5日まで行われ、投票結果に応じて、総額300万円の支援金がアメリカン・エキスプレスより日本フィランソロピー協会を通して、各団体に分配される。

 対象団体は、「日本ソマリア青年機構」「日本の農業に一生を賭ける!学生委員会(SOLA)」「医療系学生サークルMEDICUS」「MD for 49」「Link with ふくしま」「Homedoor」の計6団体。

 「日本ソマリア青年機構」は、ソマリアユースの日本の大学への長期留学プロジェクトと、ソマリアユースのスポーツクラブに日本で集めた中古スポーツ用品と手紙を送るプロジェクトの2つに重点を置いて活動している団体。

 「日本の農業に一生を賭ける!学生委員会(SOLA)」は、7つの大学から男女20名の学生が集い、日本の農業をより良くする活動を実施している団体。

 「医療系学生サークルMEDICUS」は、アニマルセラピーといった日本ではあまり広まっていない新しい小児難病医療の啓発や、宮城県石巻市の小学生に修学旅行をプレゼントする東北支援企画を実施している団体。

 「MD for 49」は、全国の女子大生に対して、子宮頸がん予防についての正しい知識や情報を発信しながら、検診受診率のアップ、ワクチン接種率のアップを目標に啓発活動を行っている団体。

 「Link with ふくしま」は、福島に関心のある若者が福島の課題解決に向けて考え、行動するためのプラットフォームの役割を果たしている団体。

 そして「Homedoor」は、ホームレス状態・生活保護状態からの出口作りを行おうと、対象者の特技・自転車修理に着目し、シェアサイクル「HUBchari」事業を2011年7月から開始している団体だ。

 アメリカン・エキスプレスは、ここ数年、日本の次世代リーダー育成を目的として、社会貢献、震災復興、グローバル人材などをテーマにした大学生向けのイベントを実施している。来年3月15日には、2013年度新卒採用内定者を対象としたスペシャル・イベント「MY GREEN WAY世界記録に挑戦!プロジェクトwithキマグレン」と題したイベントを開催予定。当日はキマグレンによるライブイベントを行うとともに、参加者全員による「ギネス世界記録」への挑戦を行う予定だ。

アメリカン・エキスプレス、大学生が取り組む社会貢献「Student Challenge for Change」を支援

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)