マヤ暦に関し、オーストラリア首相が「世界滅亡の日が近づいています」とメッセージ

生活・健康 その他

オーストラリアの有力紙「ヘラルドサン」の記事
  • オーストラリアの有力紙「ヘラルドサン」の記事
  • オーストラリアの日刊紙「オーストラリアン」も報じている
 現オーストラリア首相のジュリア・ギラード氏が、「世界滅亡の日が近づいている」などといったメッセージを発し、同国内で大きな話題となっている。同国の有力紙「ヘラルドサン」など複数メディアが報じている。

 話題となっているのは、ギラード氏がラジオ局「Triple J」に宛てた約1分間のビデオメッセージ。この動画内でギラード氏は、オーストラリア国民に向け、「世界滅亡の日が近づいています。マヤ暦が事実だったことが明らかとなるでしょう」と警告。そして「滅亡への最後の一撃が、人肉を食らうゾンビによるものか、地獄からやって来る悪魔によるものか、あるいはK-POPの完全勝利によってもたらされるのかは定かではありませんが、いずれにせよ、私は最後まで皆さんのために戦うつもりです」と語っている。

 この件について、ヘラルドサンが首相官邸に問い合わせたところ、「とにかく世界は明日終わるでしょうから、それに関して書く必要はないのでは?」と応じたとしている。

 なお、マヤ暦(マヤ文明で用いられていた暦)では、2012年12月21日頃に1つの区切りを迎えるとしており、このことから世界の滅亡と結びつける説もある。

「世界滅亡の日が近づいています」……オーストラリア首相のメッセージに騒然

《花@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)