ボーイング787運航停止命令の影響で合計30便を欠航、ANA

生活・健康 交通・クルマ

ボーイング・787 ANA仕様
  • ボーイング・787 ANA仕様
  • ボーイング787(ANA)
  • ボーイング 787(ANA)
  • ボーイング・787 ANA仕様
  • ボーイング 787(ANA)
  • ボーイング・787 ANA仕様
全日本空輸(ANA)は、日米当局からボーイング787の運航停止命令が出ていることから、1月21日、22日に国内線・国際線で合計30便を欠航すると発表した。

同社は1月16日に発生したANA692便(山口宇部発、羽田行き)の重大インシデント認定を受けてから787の運航を一時的に停止している。同社では当面、22日まで787型機による運航を見合わせることにしている。

21日は国内線14便を欠航する。影響旅客数は約2200人、国際線は成田~サンノゼの1往復・2便を欠航とする。影響旅客数は約200人。

22日の国際線は成田~シアトルの1往復・2便を欠航する。国内線は12便が欠航となる。

23日の国内線・国際線については21日に公表する。

ANA、787の運航停止で21日と22日に合計30便が欠航

《編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)