「勉強するのは何のため?」中学生が経営者と意見交換…教育フォーラム3/23

教育・受験 学習

経済同友会
  • 経済同友会
  • 教育フォーラムプログラム
 経済同友会は3月23日、中学生と教員・保護者を対象に教育フォーラム「勉強するのは何のため?働くってどういうこと?」を開催する。講演会とグループ・ディスカッションを通して、勉強や働くことの意義、これからの社会で求められる力、教育のあり方などについて考える。

 同会では、「学校と経営者の交流活動推進委員会」が中心となって、中学生や高校生を対象とした出張授業、教員研修会、保護者対象の懇談会などで講演を行い、学校現場や教育関係者と活発な交流活動を続けている。教育フォーラムもこの活動の一環として毎年実施しており、今年で7回目になる。

 第1部では、経済同友会副代表幹事の前原金一氏が「自ら学ぶ力をつけよう!(仮)」と題して基調講演。第2部は、生徒・教員・保護者が3つに分かれて、グループ・ディスカッションを行う。テーマは、生徒グループが「勉強するのは何のため?働くってどういうこと?」、教員・保護者グループ が「これからの社会で求められる力と教育のあり方」。講師となる経営者を囲んで意見交換する。

◆第7回教育フォーラム「勉強するのは何のため?働くってどういうこと?」
日時:3月23日(土)13:00~17:30(受付開始12:20)
会場:東京都千代田区(予定/参加決定者に通知)
対象:中学1〜3年生、中学校の教員、中学生の保護者
参加費:無料
申込方法:教員が代表となって所定の申込書に記入し、FAXで申し込む
定員:第1部250名、第2部120名(定員になり次第締め切る)
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)