JRゆめ咲線、USJへのアクセスに「ハリー・ポッター」列車登場

 JR西日本は2月1日より、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)へのアクセスに便利なJRゆめ咲線に、「ハリーポッター」をモチーフにしたラッピング列車が登場すると発表した。車体には新テーマパークのホグワーツ城と、ハリー、ハーマイオニー、ロンの3人が描かれている。

趣味・娯楽 その他
「ハリーポッター」列車
  • 「ハリーポッター」列車
  • JR西日本
 JR西日本は、2月1日よりユニバーサルスタジオジャパン(USJ)へのアクセスに便利なJRゆめ咲線に、「ハリー・ポッター」をモチーフにしたラッピング列車が登場すると発表した。車体には新テーマパークのホグワーツ城と、ハリー、ハーマイオニー、ロンの3人が描かれている。

 「ハリー・ポッター」は全世界で70以上の言語に翻訳され、小説全7作が約4億5,000万部売れたという人気小説。ワーナー・ブラザーズピクチャーズにより映画化され、シリーズで77億ドルを超える興行収入をあげ、日本でも観客動員数は7,800万人を超えたという。

 USJでは、2014年後半に同作品のテーマパーク「The Wizarding World of Harry Potter」をオープンする予定。約450億円を投じて同作品の世界に命を吹き込み、映画で見た魔法の世界を実現させたいという。

 JR西日本では同テーマパークのランドマークとなるホグワーツ城と、主人公のハリー、ハーマイオニー、ロンの3人を車体にラッピングした列車を2月1日より、JRゆめ咲線の西九条〜ユニバーサルシティ〜桜島間で運行する。

 これを皮切りに、今後もJR西日本とUSJの両社は、さまざまな取り組みを行っていくと発表した。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)