大河ドラマ「八重の桜」のキャラクターをデザインしたラッピング列車を運行

生活・健康 交通・クルマ

八重の桜ラッピング
  • 八重の桜ラッピング
  • JR東日本webサイト
JR東日本は、磐越西線の普通列車(719系)4編成(8両)で、大河ドラマ「八重の桜」のポスタービジュアルやご当地キャラクター「八重たん」「あかべぇ」「起き上がり小法師」をデザインしたラッピング列車を運行すると発表した。

ラッピング列車の運行開始日は2月19日(火)。2月22日・3月6日・3月23日以降、1編成(2両)ずつ増やしていく予定。運行区間は郡山駅~会津若松駅~喜多方駅間で、定期列車の一部をラッピング列車で運行する。

JR東日本、磐越西線で「八重の桜」ラッピング列車を運行

《日下部みずき@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)