北海道で自然体験エコツアー「ネイチャーキッズ特派員」…小4~6生の参加者募集中

教育・受験 学習

ネイチャーキッズ特派員(昨年の模様)
  • ネイチャーキッズ特派員(昨年の模様)
  • ネイチャーキッズ特派員(昨年の模様)
 北関東を中心にスーパーマーケットを展開するカスミは、WWF(世界自然保護基金)ジャパンと共同で実施する「第12回ネイチャーキッズ特派員 ひがし北海道探検隊」の参加者を募集している。

 同社とWWFジャパンでは、小学生を対象に「大切にしたい!自然と生き物」をテーマにした作文を広く募集し、作文を選考したうえで10名を「ネイチャーキッズ特派員」として北海道東部の湿原の自然体験エコツアーに招待する。

 同社では、2000年9月からスーパーマーケットの店頭やグループ企業の各事業所に募金箱を設置し、自然保護のためのWWF募金を広く呼びかけている。さらに2002年より、「ネイチャーキッズ特派員」の派遣を毎年実施。これまでに110名の児童を北海道東部の湿原に派遣してきた。

 自然体験エコツアーの実施場所は、北海道東部・厚岸町にある別寒辺牛湿原(べかんべうししつげん)。日本で五指に入る大きさの湿地帯で、さまざまな動植物が生息。湿地を守るため国際条約「ラムサール条約」の登録湿地にもなっている。また、湿原の周辺にある森林やその中を流れる川も多様性に優れている。

 ツアーは、「水環境の恵みがもたらす、食と自然のつながり」をテーマに実施。北海道東部の大自然に親しみながら、湿原の成り立ちやその機能・役割を学び、「水の循環」が自然環境の保全に重要な役割を担っていることを考える。さらに昆布干しや酪農の体験を通して、「食」とまわりの自然環境との密接な関わりを学ぶ。

 応募資格は小学校4~6年生。自然の中に出かけ、そこに暮らす動物・昆虫・植物などとの体験を通して「ワクワク、ドキドキしたこと」、「不思議に感じたこと」、自然や生き物を守るために「こんなこと、できたらいいなあ」という意見や考えなどを400字詰め原稿用紙2枚以内にまとめて郵送する。

◆第12回「ネイチャーキッズ特派員」作文募集
応募資格:小学4~6年生
作文テ-マ:「大切にしたい!自然と生き物」
応募方法:400字詰め原稿用紙2枚にまとめて郵送(未発表の作品に限る)
応募先:〒305-8510 茨城県つくば市西大橋599-1
(株)カスミ 環境社会貢献部「ネイチャーキッズ特派員」募集係
締切:5月25日(土)
賞典:
ネイチャーキッズ賞 10名…「ネイチャーキッズ特派員」自然体験エコツアーに招待
WWF奨励賞 10名…賞状と記念品をプレゼント
カスミ奨励賞 10名…賞状と記念品をプレゼント

◆「ネイチャーキッズ特派員」ツアー概要
期日:7月23日(火)~26日(金)の3泊4日
集合・解散:羽田空港
活動場所:北海道厚岸郡周辺(別寒辺牛湿原および霧多布湿原)
費用:無料 ※集合前・解散後の費用は各自負担
[カリキュラム]
・7月23日「仲良くなろう」
オリエンテーション
・7月24日「昆布干し体験と湿原探検」
昆布干し体験
究極の湿原を体験
ネイチャートーク「水の来る道・帰る道」
・7月25日「水循環の恵みと食生活」
御供山登山
牡蠣養殖施設の見学と牡蠣漁師の作業を体験
活動のまとめ
・7月26日「環境に配慮した酪農」
酪農家の作業体験・牛乳豆腐づくり
※日程・カリキュラムは気象条件等により変更になる場合あり
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)