SL運転台の見学やパンタグラフの操作体験など、5/18に「わくわく鉄道フェスタ」開催

趣味・娯楽 その他

秩父鉄道1000系の1010号編成。
  • 秩父鉄道1000系の1010号編成。
  • 秩父鉄道1000系の1003号編成。国鉄時代の塗色(オレンジバーミリオン)が再現されている。
  • 国鉄時代の塗色(スカイブルー)を再現した1001号編成と、秩父鉄道の旧塗装を再現した1007号編成。1007号は2012年に引退している。
秩父鉄道は広瀬川原車両基地(埼玉県熊谷市)の一般公開イベント「わくわく鉄道フェスタ」を5月18日に開催する。開催時間は10~15時。2013年度中に引退する予定の1000系を展示するなど、各種イベントが行われる。

1000系は旧国鉄の通勤形電車として製造された101系の中古車両で、1986年から1989年にかけて3両編成12本が導入された。JRでは101系の運転を既に終了しており、秩父鉄道の1000系も3両編成が3本残るのみとなっている。この3本も2013年度中には引退する予定で、3本がそろって展示されるのは今回が最後になる。

当日は1000系のほかSL列車「パレオエクスプレス」と貨車、電気機関車などを展示する予定。12系客車も休憩車両として展示される。SL運転台の見学やパンタグラフの操作体験、記念切符やオリジナルグッズの販売なども行われる予定。

広瀬川原車両基地は、ひろせ野鳥の森駅から徒歩15分。当日は羽生発9時32分の急行「秩父路3号」がひろせ野鳥の森駅に臨時停車するほか、広瀬川原車両基地に直接乗り入れる臨時直通列車も運転される。

秩父鉄道、車両基地の一般公開イベント「わくわく鉄道フェスタ」開催…5月18日

《草町義和@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)