高校向け新聞活用ガイドブック、授業事例を紹介

教育・受験 学習

NIE 高校ガイドブック
  • NIE 高校ガイドブック
  • NIEホームページ
 新聞協会は、高校の授業でどのように新聞を活用すればよいかをまとめた「高校ガイドブック」を発刊。現在、ガイドブックで紹介した授業事例のうち、国語科を中心に12本の授業動画と2本のインタビューが同協会Webサイトから閲覧できる。

 NIE(Newspaper in Education)とは、学校などで新聞を教材として活用すること。1930年代にアメリカで始まり、日本では1985年に静岡で開かれた新聞大会で提唱された。その後、教育界と新聞界が協力し、社会性豊かな青少年の育成や活字文化と民主主義社会の発展などを目的に掲げて、全国で展開している。

 ガイドブックは、2013年4月から新学習指導要領・解説書に則した新しい教科書が年次進行で使用されるのにあわせて作成。実践経験豊富な教師が、新聞を使った授業の指導計画などをわかりやすく提案しているほか、学習指導要領・解説書のどの部分に該当した活動かを明示。実際の授業でどう新聞を取り入れていけばいいのか悩んでいる教師から、実践を深めたい教師まで幅広く活用してもらえる内容だという。

 授業内容の動画は、あらかじめ「TAMAGO Clickerアプリ」をダウンロードし、スマートフォンやタブレットPCでクリカッブルマークのページを写真に撮るだけでリンクが表れる。パソコンでも同協会Webサイトから動画が閲覧できる。

◆NIE 高校ガイドブック
価格:350円(税込み・送料別)
判型:A4判、104ページ
※Webサイトから注文方法の詳細が確認できる。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)