今年の梅雨は長くて雨多め…ウェザーニューズ

生活・健康 その他

今年の梅雨は全国的に“長め”に――ウェザーニュース発表
  • 今年の梅雨は全国的に“長め”に――ウェザーニュース発表
  • エリアごとの降雨傾向(北日本)
  • エリアごとの降雨傾向(東日本)
  • エリアごとの降雨傾向(西日本)
  • エリアごとの降雨傾向(沖縄)
 間もなく全国的に梅雨の季節を迎えるが、今年の梅雨は期間が長め、かつ雨量が多くなるとの予想。西~東日本の広範囲で平年よりかなり早く梅雨入りする見込みだ。

 ウェザーニューズは27日、今シーズンの梅雨(6~7月)の降雨傾向を発表。沖縄・奄美では平年より遅い梅雨入りとなったが、そのほかの地域では、西~東日本の広範囲で平年よりかなり早く梅雨入りが起こり、早いところでは平年より10日ほど早く梅雨前線の影響を受けると予想。梅雨入りタイミングについては、5月末頃、西日本の太平洋側から次第に梅雨らしい天気の日が増えてくる見込み。梅雨明けは、西~東日本で7月中旬、北日本で7月下旬と予想されている。多くの地域で、平年より長めの梅雨となりそうだ。

 雨量については、梅雨入りが早く、また梅雨末期に大雨が予想されることから、全国的に平年より多くなる見込み。雨量のピークは、例年通り雨量の多い7月上旬のほかに、6月中にも平年より雨量の多くなる時期があり、梅雨の前後半で2度のピークがあるとの予想。特に7月上旬では西~東日本の広範囲で大雨となり、土砂災害や浸水などが発生する恐れがあるとした。そのほか、6月下旬には東北太平洋側~関東地方で梅雨寒の時期がある見込み。体調管理や農作物への影響などに注意が必要だ。

 エリアごとの傾向は以下の通り。

●北日本は、雨量多め。梅雨入りと梅雨明けのタイミングは平年並み。雨のピークは、6月中旬と7月中旬頃の2度ある見込み。東北南部太平洋側の一部では、昨年と同程度の雨量となりそう

●東日本は、雨量多め。長い梅雨。雨のピークは、6月前半と7月中旬近く頃。太平洋側を中心に平年より10日ほど早く梅雨入りするも、梅雨明けは平年並みの予想。6月下旬は梅雨寒となり、雨量は少なくなる見込み

●西日本は、雨量多め。長い梅雨。雨のピークは、6月下旬と7月中旬近く頃。平年より8~10日早い梅雨入りとなるも、梅雨明けは平年並みの7月中旬となる見込み

●沖縄は、台風接近の可能性低。雨量は、奄美以外多め。全体では、平年より多めの雨量となるも、台風接近の可能性は低い予想。梅雨後半の雨量は、平年より少なくなる見込み。梅雨入りが遅かったぶん、梅雨の期間は昨年よりも短いとの予想

今年の梅雨は“長め”で雨量“多め”の傾向……梅雨入りは広範囲で平年より早めに

《花@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)