【高校野球】夏の甲子園2013「夏初出場の前橋育英(群馬)が決勝進出」準決勝 第1試合速報

趣味・娯楽 スポーツ

13日目 第一試合の結果
  • 13日目 第一試合の結果
  • 日本高等学校野球連盟 HP
 今日8月21日に行われている準決勝第1試合は前橋育英が勝利を収めた。甲子園5回目の校歌の後は笑顔ではなく明日の戦いに向けての凛々しい表情に変わっていた。戦いを見ていこう。

【第1試合】日大山形(山形)1-4x前橋育英(群馬)
 サード荒井選手の好守備など堅い守りでエース・高橋(光)投手を支え続けた前橋育英の守り勝ちだった。前橋育英1回、2番・高橋(知)選手のバントの構えから打って出るバスターで三遊間を破り、無死一二塁とチャンスを広げた。4番・荒井選手の犠飛で1点を先制すると、続く2・3回も細かく加点。さらに7回にも得点を重ねゲームを決した。

 日大山形は1・3回に得点圏内に走者を進めるも、相手投手に打ち取られた。荒木監督は「チームで決めたことをしっかりやってくれた。胸を張ってほしい。」と語り歴史を塗り替えた選手を労った。
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)