練馬区で小学生の個人情報が記載された書類を紛失

東京都練馬区は、区立小学校教員が児童の個人情報を記載した資料の入ったバッグを紛失したと発表した。

デジタル生活 その他
東京都練馬区による発表
  • 東京都練馬区による発表
東京都練馬区は10月2日、区立小学校教員が児童の個人情報を記載した資料の入ったバッグを紛失したと発表した。これは9月30日未明、同教員が前日に行われた運動会の反省会に出席し、深夜の帰宅となったためタクシーに乗車、降車後またタクシーに乗り午前2時頃に帰宅した。同日、午前6時頃に起床した同教員がバッグを紛失していることに気づいた。

紛失したバッグは黒色のリュック型で、バッグには練馬区立石神井東小学校における週ごとの指導計画および職員会議資料が入っていた。週ごとの指導計画には、児童10人前後の学習状況などの個人情報記録が記載されていた。他に、教職員等の氏名の入った職員会議資料および該当教員の着替えなどの持ち物も入っていたという。

小学校生徒の個人情報が記載された書類の入ったバッグを紛失(東京都練馬区)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)