千葉大、高3生の秋入学を実施…2014年から

 千葉大学は10月17日、平成26(2014)年9月から先進科学プログラム(飛び入学)で、高校3年生を対象とした秋入学を実施することを発表した。秋入学の実施は、国立大学では千葉大学が初めてとなる。

教育・受験 受験
秋入学実施日程
  • 秋入学実施日程
  • 先進科学プログラムのコース
  • 履修スケジュール
 千葉大学は10月17日、平成26(2014)年9月から先進科学プログラム(飛び入学)で、高校3年生を対象とした秋入学を実施することを発表した。秋入学の実施は、国立大学では千葉大学が初めてとなる。

 同大学の先進科学プログラム(飛び入学)は、独創的な研究で世界に貢献する個性的な人材を育成することを目的に、高校2年生の修了者を対象として平成10年から始まった。これまでに通算300人の志願者があり、卒業生の多くは大学院に進学して研究者の道を歩んでいるという実績がある。

 今回、これまでの4月入学(春飛び入学)に加えて、高校3年生を対象とした9月入学(秋飛び入学)を新たに導入する。9月入学により、春入学の場合に出場資格を失っていた国際科学オリンピックへの出場ができることや、将来海外の大学への留学がしやすくなるという利点がある。秋飛び入学生は、9月に入学し1か月間集中講義を受講した後、10月から春飛び入学生と同じカリキュラムを履修する。

 同大学は、秋入学の導入で、より多くの独創的で個性的な高校生の挑戦を期待し、教育のグローバル化、科学の振興に貢献したいとしている。日本の高大接続や入試改革の先行事例として、秋入学の導入の成果が注目される。
《宮坂 英里》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)