東京外国語大学で、学生による不正アクセス

デジタル生活 その他

立石博高大学長による、経緯説明と謝罪の文章
  • 立石博高大学長による、経緯説明と謝罪の文章
  • 東京外国語大学トップページ
 東京外国語大学は11月7日、学生による不正アクセス事案が発生したことを公表した。10月29日に、国際社会学部学生が、学務情報システムに不正アクセスしたこと判明した。

 この学生は、学務情報システムに偽装したフィッシングサイトを作成。そのうえで国際社会学部を中心とする多数の学生に、教務課を名乗った偽メールを10月24日~26日の間に送信して、偽サイトに誘導した。この結果、一部学生が偽装サイトにアクセスし、ユーザIDとパスワードを詐取された。さらに学生は、この情報を使って学務情報システムに不正にアクセスしたという。

 東京外国語大学では、事件発覚後、疑わしいネットワーク通信を遮断するとともに、学生にパスワードの変更を要請した。また、立石博高大学長による謝罪文を公表した。

 現在、警察による捜査が進行中。現時点では、「当該学生が入手した情報を悪用した事実は確認されておりません」としている。

東京外国語大学で、学生による不正アクセス……偽サイトを設置してID詐取

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)