シンポジウム「なぜプログラミングが必要なのか?」アキバホールで12/2

教育ICT インターネット

シンポジウム
  • シンポジウム
  • スピーカー(予定)
  • プログラム
 角川アスキー総合研究所は12月2日(月)、シンポジウム「なぜプログラミングが必要なのか?」をアキバホールにて開催する。まつもとゆきひろ氏や古川享氏などが登壇予定。参加費は無料で、事前申込みが必要。

 同研究所では、9月27日に第1回シンポジウムを開催し、そこでの伊藤穰一氏、川上量生氏、まつもとゆきひろ氏による鼎談の結論は、「プログラミングの重要性」であったという。

 今回のシンポジウムでは、プログラミングが企業の生産性やよりよい社会のために持ちうるパワーを再確認する。また、プログラミングを学ぶことによって、個人が生活や仕事をどうデザインしていくかについても討論する。

◆シンポジウム「なぜプログラミングが必要なのか?」
日時:2013年12月2日(月)13:00~18:00
会場:アキバホール(富士ソフト秋葉原ビル内)
募集人数:200名
締切:11月29日(金)ただし定員となり次第受付終了。
参加費:無料
申込方法:申込みウェブフォームより申し込む
プログラム:
Session 01-プログラミングの重要性と日本の課題
Session 02-スタートアップ、キャリアパスとこれからのプログラミング
Session 03-教育とコンピュータ
Session 04-ホットプログラマーズトーク
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)