暴走族が減少傾向、構成員・グループ数ともに10年前の3分の1

生活・健康 交通・クルマ

2013年12月に行われた警視庁による暴走族等総合対策訓練(参考画像)
  • 2013年12月に行われた警視庁による暴走族等総合対策訓練(参考画像)
  • 暴走族の動向
  • 2013年12月に行われた警視庁による暴走族等総合対策訓練(参考画像)
  • 2013年12月に行われた警視庁による暴走族等総合対策訓練(参考画像)
警察庁交通指導課は2月14日、2013年の暴走族の動向および検挙状況を発表した。

2013年の暴走族構成員数は前年比5.0%減の6933人、グループ数は同16.6%減の327となっている。

暴走族のグループ数および構成員数は、減少傾向にあり、10年前と比較すると構成員数、グループ数ともに約3分の1となっている。

また、い集(多くの車両が寄り集まること。「い」は虫偏に「胃」)・走行回数は同9.2%減の3011回、参加人員も同15.0%減の2万4508人と大きく減少している。

暴走族の減少傾向続く、構成員数は7000人を割り込む…警察庁調べ

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)