帰国子女受け入れをサポート「海外学校説明会・相談会」を開催

 海外子女教育振興財団は海外に滞在する子どもとその保護者を対象とした「海外学校説明会・相談会」を開催する。帰国後の進学に向け、学校の情報や相談の場を設けることを目的として北米・アジア・欧州班と分け2002年から毎年行われている。

教育・受験 学校・塾・予備校
海外子女教育振興財団
  • 海外子女教育振興財団
  • 2013年度のシカゴ・ブリュッセル・シンガポールの様子
 海外子女教育振興財団は海外に滞在する子どもとその保護者を対象とした「海外学校説明会・相談会」を開催する。帰国後の進学に向け、学校の情報や相談の場を設けることを目的として北米・アジア・欧州班と分け2002年から毎年行われている。

 海外学校説明会・相談会では、帰国子女受け入れを積極的に行っている学校担当者とともに各地域の日本人学校などを回り、帰国後の学校生活をサポートするために、今までの事例を具体的にあげながら、学校選択のポイントなどを丁寧に説明してくれるという。

 また、パネルディスカッションでは参加校担当者がパネラーとなり、子どもたちに何を求めているのかなどについて討論が交わされ、日本と海外のさまざまな学校の帰国生受け入れの方針について広く知ってもらうことができる。さらには参加校によるプレゼンテーションや、個別相談ブースなど各校の特色なども紹介しながら一人一人をサポートしてくれるという。

 参加予定校は3月26日現在、33校となっており、うち東京では学習院中等科・高等科など18校、首都圏(東京除く)では渋谷教育学園幕張中学校・高等学校など6校、イギリス2校、アメリカ1校が参加している。申込方法など詳細が決まり次第随時Webサイトで公開する。
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)