交通安全子供自転車全国大会、8/6に東京ビッグサイトで開催

生活・健康 交通・クルマ

第49回交通安全子供自転車全国大会が8月6日に東京ビッグサイトで開催
  • 第49回交通安全子供自転車全国大会が8月6日に東京ビッグサイトで開催
  • 2013年の同大会で全国1095の小学校から1400チームから勝ち抜いた47チーム188人
児童・生徒の自転車事故防止活動の一環となる第49回交通安全子供自転車全国大会が8月6日、一般財団法人全日本交通安全協会と警察庁を主催に東京ビッグサイトで開催される。

2013年の同大会は、全国1095の小学校から1400チームが参加して地区大会を実施。地区大会で選ばれた689小学校、777チームによる都道府県大会を行い、この都道府県大会で優勝した47チーム188人の選手によって、競技が行われた。

競技内容は、主に交通の規則や自転車の安全な乗り方などを問う学科テスト。交差点の安全な渡り方など基本的な乗り方をチェックする安全走行テストやS字走行、デコボコ道の走行などをチェックする技能走行テストなどの実技テストとなる。

小さい頃に交通安全の知識を身に付け、習慣化することは交通事故を防止する上で計りしれない効果がある。さらに、この大会はチーム競技なため仲間との絆が必要になる。これまで多くの小学生が仲間と協力し、励まし、励まされながらこの大会のために汗と涙と感動を手にしてきている。

参加申し込みは各都道府県交通安全協会への問い合わせが必要になる。

第49回交通安全子供自転車全国大会が8月6日に開催

《岡田由佳子@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)