日本橋三越のブックフェア、子ども向けに紙芝居の読み聞かせなど開催

生活・健康 衣料

日本橋三越でブックシェア実施中。スタッフと来店客が本で交流
  • 日本橋三越でブックシェア実施中。スタッフと来店客が本で交流
  • 日本橋三越でブックシェア実施中。スタッフと来店客が本で交流
  • 日本橋三越でブックシェア実施中。スタッフと来店客が本で交流
  • 日本橋三越でブックシェア実施中。スタッフと来店客が本で交流
  • 日本橋三越でブックシェア実施中。スタッフと来店客が本で交流
  • 日本橋三越でブックシェア実施中。スタッフと来店客が本で交流
  • 日本橋三越でブックシェア実施中。スタッフと来店客が本で交流
  • 日本橋三越でブックシェア実施中。スタッフと来店客が本で交流
日本橋三越本店は、同店スタッフが、愛読する本を買い物客とシェアするイベント「日本橋ブックシェアカフェ」を同店本館1階中央ホールで開催している。6月3日まで。

会場である1階吹き抜けの中央ホールには、長さ8m程の木製机が据えられ、スタッフが持ち寄った本が所狭しと並べられる。集まった本は約400冊に上るという。会場内の書棚や丸テーブルにも本が置かれ来店客は自由に手に取り、読書をすることができる。ジャンルはエッセイ、ミステリー、ビジネス、歴史、哲学、美術、スポーツ、漫画まで多岐に渡る。また、同カフェは今年3月に同店7階にオープンした「はじまりのカフェ(Hajimarino cafe)」とコラボレーションしており、買い物客は読書をしながら、座ってお茶やコーヒーを飲むことができる。

会期中は大人も子供も楽しめるイベントも用意。廃校になった小学校から寄贈された「紙芝居の読み聞かせ」(31日13時・15時半から、定員10名)を始め、「自分だけのマイブックを制作するワークショップ」(6月1日11時・14時・16時から、定員10名)を開催する。

担当者は「現在、日本橋には新しい商業施設や観光スポットが登場し、カップルや家族連れなど今までにない客層が増えており、日本橋三越の来店客数も前年比で120%まで伸びてきている。同カフェは、気軽に立ち寄れるようなコミュニケーションの場にしたい。皆さまも是非、遊びに来てください」と語った。

日本橋三越でブックシェア実施中。スタッフと来店客が本で交流

《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)