読書に関するニュースまとめ一覧

文研出版「小学生から知っておきたい ザ・外交」発売 画像
教育・受験

文研出版「小学生から知っておきたい ザ・外交」発売

 新興出版社啓林館は2022年11月28日、児童書の「文研出版」ブランドで「小学生から知っておきたい ザ・外交 “外交の大事なルール”」を全国の書店で発売した。サイズはA4判、40ページ。定価は3,080円(税込)。

受験の意味等30問「正解のない問題集 道徳編」池上彰監修 画像
教育・受験

受験の意味等30問「正解のない問題集 道徳編」池上彰監修

Gakkenは2022年11月17日、正解のない世の中を生き抜く力を養う本として「正解のない問題集 道徳編」を発売した。監修は池上彰氏が担当。答えのない問いに対し、子供たち自身が考え、正解のない問題について学ぶための1冊だ。

理化学研究所×編集工学研究所「科学道100冊2022」発表 画像
趣味・娯楽

理化学研究所×編集工学研究所「科学道100冊2022」発表

 理化学研究所(理研)と編集工学研究所は2022年11月18日、シリーズ第6弾となる「科学道100冊2022」を発表した。書籍を通じて、科学者の生き方や考え方、科学の面白さや素晴らしさを届けることを目指し、毎年選りすぐりの100冊を紹介している。

1か月の平均読書数…小学生13.2、中学生4.7、高校生1.6冊 画像
趣味・娯楽

1か月の平均読書数…小学生13.2、中学生4.7、高校生1.6冊

 全国の児童生徒の2021年5月1か月間の平均読書冊数は、小学生は13.2冊、中学生は4.7冊、高校生は1.6冊。不読者の割合は、小学生は6.4%、中学生は18.6%、高校生は51.1%だったことが、全国学校図書館協議会が実施した第67回調査の結果でわかった。

国際子ども図書館、秋のおたのしみ会11/20…動物園が協力 画像
教育イベント

国際子ども図書館、秋のおたのしみ会11/20…動物園が協力

 国立国会図書館 国際子ども図書館は上野動物園と協力して、2022年11月20日午後1時半から「子どものための秋のおたのしみ会」を開催する。参加費無料。要事前申込み。申込受付は2022年11月10日午前9時半開始。先着順。

読書好きな小中学生9割…小学生の3割以上は月16冊以上 画像
趣味・娯楽

読書好きな小中学生9割…小学生の3割以上は月16冊以上

 子供向けサイト「ニフティキッズ」のアンケート調査によると、調査に参加した小中学生の約9割が読書を好み、小学生の3割以上は1か月に「16冊以上」の本を読むことがわかった。

今年の1作を選ぶ「高校生直木賞」参加校募集 画像
教育イベント

今年の1作を選ぶ「高校生直木賞」参加校募集

 第10回 高校生直木賞の参加校募集がスタートした。参加費は無料。Webフォームより要申込み。締切りは2023年1月12日。地方予選大会は2023年5月7日にオンラインにて、全国大会は2023年5月21日にオンラインとリアルで開催される。

読書習慣は幸福度をあげる…読まない人より20pt高い 画像
趣味・娯楽

読書習慣は幸福度をあげる…読まない人より20pt高い

 毎日本を読む人の8割以上が生活の充実を感じていることが、楽天グループが発表した調査結果からわかった。

全国の書店と連動「読書感想投稿コンテスト」note 画像
趣味・娯楽

全国の書店と連動「読書感想投稿コンテスト」note

 noteは2022年11月30日まで、読書感想作品を募集する投稿コンテスト「#読書の秋2022」を開催。全国の書店と連動し、読書の秋を盛り上げる。「今こそ読んでほしい、この本。」をテーマに、出版社や各ジャンルで活躍しているクリエイターが推薦図書を選出している。

読書量と成績に相関関係、親の「読みなさい」は効果なし 画像
教育・受験

読書量と成績に相関関係、親の「読みなさい」は効果なし

 塾や習い事に関する総合情報サイト「テラコヤプラス by Ameba」は、読書の秋にちなんで、子供のころの読書習慣に関するアンケート調査を実施。約8割の人が子供時代の読書の効果を実感していることがわかった。

ガシャポン×学習まんが「カプセルトイのひみつ」全国の小学校等に寄贈 画像
趣味・娯楽

ガシャポン×学習まんが「カプセルトイのひみつ」全国の小学校等に寄贈

 バンダイベンダー事業部が展開するカプセルトイ事業が2022年で45周年を迎えたことを記念し、バンダイと学研プラスは学習まんが「学研 まんがでよくわかるシリーズ」より「カプセルトイのひみつ」を共同制作。9月下旬より全国の小学校や公立図書館等に寄贈する。

高校生8割、月平均8時間の読書…お小遣いの4分の1は書籍に 画像
趣味・娯楽

高校生8割、月平均8時間の読書…お小遣いの4分の1は書籍に

 現役高校生の82%は月平均の読書時間が8時間あり、お小遣いの4分の1を書籍購入に使っていることが、リクルートが提供する進路情報メディア「スタディサプリ進路」が発表した調査結果から明らかとなった。

相模原市、電子書籍・読書資料循環制度導入…子供の読書を応援 画像
教育・受験

相模原市、電子書籍・読書資料循環制度導入…子供の読書を応援

 相模原市は、2つの新たな取組み「子ども読書資料循環制度」と「小中学校及び義務教育学校と連携した電子書籍サービスの提供」を、2022年9月からスタートする。読書を身近で楽しいものとして子供の読書活動を推進、応援する。

スクー「未来の本屋研究所」プロジェクト始動 画像
教育・受験

スクー「未来の本屋研究所」プロジェクト始動

 インターネットでの学びや教育を起点とした社会変革を行うSchoo(スクー)は、多様な学習体験や、新たな知との出会いの提供によって学び続ける大人を支援する「未来の本屋研究所」プロジェクトを始動した。取組みの第1弾は2022年9月26日に「ブックフェア」を開催する。

学研名作シリーズ「すきな主人公総選挙」中間開票結果発表 画像
趣味・娯楽

学研名作シリーズ「すきな主人公総選挙」中間開票結果発表

 学研プラス発行の児童書「10歳までに読みたい名作」シリーズでは、「みんながえらぶ すきな主人公総選挙」の投票を2022年8月31日まで受け付けており、8月1日時点での中間開票結果を発表した。

【夏休み2022】武蔵大学、高校生と受験生に図書館を開放 画像
教育・受験

【夏休み2022】武蔵大学、高校生と受験生に図書館を開放

 武蔵大学は2022年8月1日から9月2日の期間、大学図書館(本館・洋書プラザ)を開放する。対象は高校生と16歳~20歳の大学受験生。利用時間は午前9時~午後6時。期間中は館内に入試コーナーも設置される。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 最後
Page 1 of 28
page top