パナソニックが組織変更を通じて電動アシスト自転車事業を強化

 パナソニックは、自転車事業のパナソニック サイクルテックをパナソニック アプライアンス傘下へ組織変更。パナソニック アプライアンスのマーケッティング力・商品企画ノウハウを活用し、電動アシスト自転車事業を強化するという。

生活・健康 交通・クルマ
パナソニックサイクルテックの電動アシスト自転車「ギュット・ミニ・DX」
  • パナソニックサイクルテックの電動アシスト自転車「ギュット・ミニ・DX」
パナソニックは27日、自転車事業のパナソニック サイクルテックをパナソニック アプライアンス傘下へ組織変更する、と発表した。

発表によると、今回の組織変更は電動アシスト自転車の国内BtoC市場での商品力強化と事業拡大を目的として行われた。

従来、自動車部品事業のオートモーティブ&インダストリーズ社傘下にあったパナソニック サイクルテックをBtoC商材でのマーケッティング力・商品企画ノウハウを備えたパナソニック アプライアンス傘下へ移管して、電動アシスト自転車事業を強化するねらいがある。

同時に、パナソニック サイクルテックの新社長を、同社顧問の丸山哲朗氏に任命した。

パナソニック、電動アシスト自転車事業を強化へ

《山内 博@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)