【学校ニュース】関東学大「どぼじょ」による体験教室開催、工科大「工学部」を新設など

教育・受験 学校・塾・予備校

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。7月25日は東日本国際大学、東京工科大学、関東学院大学、大阪工業大学の情報を紹介する。

・【東日本国際大学】東日本国際大学地域振興戦略研究所が7月30日に第一回研究会を開催――福島及びいわきの地域振興の基本理念はどうあるべきか
 東日本国際大学地域振興戦略研究所(所長:吉村作治)は7月30日(水)に、同大新1号館にて第一回研究会を開催。地域振興に関する各研究員のこれまでの研究実績を発表した後、「福島及びいわきの地域振興の基本理念はどうあるべきか」をテーマに今後の展望を話し合う。一般の人の参加は不可。

・【東京工科大学】社会が求める「新しいコンセプト」の工学へ。「サステイナブル工学」の概念を取り入れた「工学部」を2015年4月新設 産学連携「コーオプ教育」も推進 ――東京工科大学
 東京工科大学(東京都八王子市片倉町、学長 軽部征夫)では、持続的発展が可能な社会の実現に貢献する「サステイナブル工学」※1の体系的な教育や、独自の産学連携「コーオプ教育」※2などを取り入れた「工学部」を、2015年4月に新設する。これに伴い、既存のコンピュータサイエンス学部とメディア学部のコースを再編。2015年度より工学部、コンピュータサイエンス学部、メディア学部、応用生物学部、デザイン学部、医療保健学部の6学部と大学院による教育・研究体制となる。

・【関東学院大学】8月3日、「どぼじょ」による体験教室を開催――関東学院大学
 関東学院大学(本部:横浜市金沢区 学長:規矩大義)では、どぼじょ(土木系女子学生の会)が土木工学の知識を使いながら子どもたちとどろ団子をつくるイベント「アートどろ団子with『どぼじょ』」を8月3日(日)に横浜・金沢八景キャンパスで開催する。「土木の世界が男性だけの社会でないことを、子どもたちや保護者の方に知ってもらいたい」という女子学生の思いによって5年前にスタートし、毎年多くの子どもたちが参加している。

・【大阪工業大学】生きた英語が気軽に学べる大阪工業大学の「Language Learning Center(LLC)」
 大阪工業大学大宮キャンパス(大阪市旭区)に2012年4月にオープンした「Chast」の2、3階には、学生の自立学習をサポートする教育施設「Language Learning Center(LLC)」がある。4名のネイティブスピーカーの教員が常駐しており、学生は豊富な学習教材やさまざまなイベントなどを通じて、生きた英語に触れることができる。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)