小中学生の自転車競技者、夏の全国大会に向けて高いモチベーション

 子どもたちと自転車を始めて7回目の夏になるが、この時期になるとMTBに乗る子たちは競技者になり、夏の全国大会を待ち遠しく感じるようになる。

趣味・娯楽 スポーツ
【原石たちの現場】成長する子どもに応じて自転車競技をいかにサポートしていくか
  • 【原石たちの現場】成長する子どもに応じて自転車競技をいかにサポートしていくか
  • 【原石たちの現場】成長する子どもに応じて自転車競技をいかにサポートしていくか
  • 【原石たちの現場】成長する子どもに応じて自転車競技をいかにサポートしていくか
  • 【原石たちの現場】成長する子どもに応じて自転車競技をいかにサポートしていくか
  • 【原石たちの現場】成長する子どもに応じて自転車競技をいかにサポートしていくか
子どもたちと自転車を始めて7回目の夏になるが、この時期になるとMTBに乗る子たちは競技者になり、夏の全国大会を待ち遠しく感じるようになる。

◆MTB大会は甲子園に挑むくらいのモチベーション

「全国小中学生マウンテンバイク大会白馬さのさか」は日本マウンテンバイク協会の主催で行われ、名前の通り参加者の大半が小中学生なので一般のサイクリストからは縁遠いかもしれないが、プロ選手も輩出している歴史の長い大会だ。

しかし、他の競技と同じようにこの大会を目標にしてサイクルスポーツに取り組んでいる子どもたちが少なからずおり、その子たちは甲子園に向かうような高いモチベーションを持って大会に参加してくる。

◆大会を経て大きく成長する

レジャーとしてのサイクリングを楽しみながらも、大会を意識しながら夏を待っている子どもを見てきたが、子どもたちがこの大会で普段は無いような経験をして大きく成長してくれるのを目の当たりにするのが本当に楽しみである。

競技としてキッズが取り組めるスポーツは多くあるが、この大会を見ると自転車もその一つだと改めて思う事が出来る。ただ、成績のために成長途中の子どもの体に余計な負荷をかけるのは禁物であるし、この大会の結果の良し悪しを問うものではない。この大会を競技としての入り口として受け取ってもらえるよう、方向づけることが親や大人の役割であろう。

◆全国の自転車仲間が集う

地元の観光協会等の後援で毎年盛大に開催されるこの大会だが、全国というだけあり各地からサイクルキッズ達が集まり年に一度の再開を喜ぶ一面もある。

自転車を通して子どもを大きく成長させてくれるこの大会は、夏休みに欠かせないものとなり、今年も多くのサイクルキッズが楽しみにしていることだろう。競技に近いものを経験することも、サイクルスポーツの楽しみ方であり、競技を通して子どもが学ぶことも多くある。

サイクルスポーツの子どもへの普及、そして未来の選手を育成する上でも大切にしていきたい大会だ。

【原石たちの現場】成長する子どもに応じて自転車競技をいかにサポートしていくか

《高橋智宏@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)