ヤマハ、初めて電動自転車に乗るママに向けて2機種を発表

生活・健康 交通・クルマ

PAS SIONシリーズ2機種発表
  • PAS SIONシリーズ2機種発表
  • PAS SIONシリーズ2機種発表
ヤマハ発動機は9月8日、電動自転車ビギナー向けの「PAS SION」(パス シオン)2機種を10月10日から順次発売すると発表した。都内で報道向けに記者会見ならびに試乗会を開催した。

PAS SIONは、シンプルで使いやすい機能とPASシリーズの中で元雄も低いサドル高を実現した専用設計の低床フレームを採用した。

このうちPAS SION-U(シオン ユー)は、足付き性とまたぎやすさを向上させた低床U型フレームが特徴の20型小径モデル。PAS SION-V(シオン ブイ)は、シャープな印象のV型低床フレームを採用した24型モデル。

PASシリーズ初となる「かんたんスイッチ」や2つの走行モード、アルミ製の軽量スタンドなど使いやすさを重視した。2機種ともギアポジションにあわせて制御を実現する同社独自の「S.P.E.C.3」機構を搭載、滑らかなアシストを実現する。重量はPAS SION-Uが22.2kg、PAS SION-Vは23.9kg。

搭載バッテリーはリチウムイオン電池で、25.2V/8.7Ah/充電時間は急速充電で約2.5時間。一充電あたりの走行距離(標準パターン)で強モードだと34km、弱モードだと51kmとしている。

PAS SION-Uは10月10日発売、希望小売価格は11万2320円(税込み)。PAS SION-Vは10月30日発売、希望小売価格は11万3400円(税込み)。2機種あわせて年間国内販売計画は4300台としている。

ヤマハの販売担当は「ヤマハの顧客全体の平均をとると徐々に若くなっています。2013年の平均年齢はヤマハ調べで48歳。2000年は58歳だったので10歳若くなっています。ヤマハでは60歳以上のユーザーは30%弱。比率では微減ですが、数はこうしたシニア層も増えていて、それ以上にママさん層が増加しているというかたちです。そうした方向に製品を合致させています」と話した。

「急増するママ世代のニーズ反映」ヤマハPAS SIONシリーズ2機種発表

《編集部@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)