誕生35周年、チョロQの自動走行モデル「Q-eyes」発売

趣味・娯楽 その他

手をかざして進路を変更
  • 手をかざして進路を変更
  • つくったコースの中を自動走行
  • 自動走行 手をかざして進路を変更 つくったコースの中を自動走行 Q-eyes集合
  • コースガレージセット
  • コースガレージセット レイアウト
  • チョロQ
  • チョロQ MIX
 タカラトミーは、障害物を検知し、ぶつからないよう自動走行するチョロQ「Q-eyes」4種と「Q-eyes コースガレージセット NISSAN GT-R」を9月30日に発売。第1号試作品誕生から35周年となるチョロQの最新モデルとなる。

 「Q-eyes」は、左右のヘッドライトの下にあるセンサーで、障害物を検知し、ぶつからないようにステアリングを切りながら走行。手をかざして方向を変えたり、ペンや消しゴムなど1cmの高さがあるもので、幅15cmほどのコースをつくって走らせることができる。

 また、障害物が車体の正面に現れた場合はバックし、切り返して通常走行に戻るモードや、障害物が除かれるまで停止させておくモードを選ぶことができ、複数の「Q-eyes」を使ったレースや車庫入れ遊びなども楽しめる。

 発売車種は日産「リーフ」、スバル「WRX STI」、ダイハツ「コペン Xmz」、日産「GT-R」の4種。充電は10秒で完了し、1回の充電で約1分間の走行できるという。価格は各3,780円となっている。

 さらに「Q-eyes」の発売同日、専用のコースが組めるコースパーツと車庫、そして本体を同梱した「Q-eyes コースガレージセット NISSAN GT-R」(5,940円)に加え、プルバックゼンマイを動力に直進する「チョロQ」6種(594円)と、直進とターン走行を繰り返す「チョロQ」のキャラクター版「チョロQ MIX」4種(896円)を発売する。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)