東京大学、次期総長予定者に五神真理学部長を選出

東京大学は11月27日、濱田純一総長の任期満了に伴う総長選考会議を開催。次期総長予定者として五神真(ごのかみまこと)大学院理学系研究科長・理学部長を選出した。

教育・受験 学校・塾・予備校
次期総長予定者に選ばれた五神真大学院理学系研究科長・理学部長
  • 次期総長予定者に選ばれた五神真大学院理学系研究科長・理学部長
  • 東京大学総長選考プロセスのイメージ
 東京大学は11月27日、濱田純一総長の任期満了に伴う総長選考会議を開催。次期総長予定者として五神真(ごのかみまこと)大学院理学系研究科長・理学部長を選出した。

 今回の総長選では、9月に代議員会と経営協議会により第1次候補者10人程度を選出。11月の総長選考会議による聞き取り調査を経て、江川雅子理事、五神真教授(理学系研究科長・理学部長)、長谷川壽一理事・副学長、宮園浩平教授(医学系研究科長・医学部長)、大和裕幸副学長の5人が総長候補者として絞られていた。

 27日夜、教授、准教授及び教授会構成員である講師による投票を実施。有効投票数1,599票のうち、過半数を上回る894票を集めた五神教授が次期総長予定者に選ばれた。

 五神教授は東京都出身の57歳。1980年に東大理学部物理学科を卒業。東京大学大学院工学系研究科教授、東京大学大学院理学系研究科教授、東京大学副学長を経て、2014年4月からは東京大学大学院理学系研究科長・理学部長を務めている。専門は光量子物理学。

 次期総長予定者の任期は2015年4月1日から2021年3月31日までの6年間で、第30代目の総長となる。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)