正直者と嘘つきの脳の違いを解明…京大研究グループ

 京都大学は8月6日、正直者と嘘つきの脳の仕組みの違いを解明したと発表した。「側坐核(そくざかく)」と呼ばれる脳領域の活動が高い人ほど、嘘をつく割合が高かった。脳の働きの個人差によって、人間の正直さがある程度決まることを示したのは世界初だという。

教育・受験 学校・塾・予備校
報酬期待に関わる側坐核の反応と、嘘をつく割合との正の相関
  • 報酬期待に関わる側坐核の反応と、嘘をつく割合との正の相関
  • 背外側前頭前野
 京都大学は8月6日、正直者と嘘つきの脳の仕組みの違いを解明したと発表した。「側坐核(そくざかく)」と呼ばれる脳領域の活動が高い人ほど、嘘をつく割合が高かった。脳の働きの個人差によって、人間の正直さがある程度決まることを示したのは世界初だという。

 研究したのは、同大こころの未来研究センターの阿部修士特定准教授らの研究グループ。機能的磁気共鳴画像法と呼ばれる脳活動を間接的に測定する方法と、嘘をつく割合を測定する心理学的な課題を用いて調べた。

 その結果、報酬を期待する際に「側坐核」の活動が高い人ほど、嘘をつく割合が高いことがわかった。さらに側坐核の活動が高い人ほど、嘘をつかずに正直な振る舞いをする際、「背外側前頭前野」と呼ばれる領域の活動が高かった。

 これは、脳レベルで報酬への反応性が高い人ほど、お金への欲求が強く、結果として嘘をついてしまった可能性が考えられるという。背外側前頭前野は、理性的な判断や行動の制御に重要な領域とされており、お金への誘惑に打ち勝って正直に振る舞うためには、報酬への反応性が高い人ほど、前頭前野による強い制御が必要という可能性を示唆しているという。

 研究成果は、アメリカの科学雑誌「Journal of Neuroscience」の電子版に掲載された。研究に携わった阿部特定准教授は「側坐核の活動が高いから嘘つきと判断することはできない。今後の研究を通じて、人間が嘘をつく生物学的なメカニズムをさらに追究していきたい」とコメントしている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)