大人トラベラーに聞く学生時代の海外旅行、10万円以下で楽しむならハワイ

教育・受験 その他

大人トラベラーの3名(saki-san-beautyさん、kannaさん、かずさん)
  • 大人トラベラーの3名(saki-san-beautyさん、kannaさん、かずさん)
  • 大人トラベラーの3名(saki-san-beautyさん、kannaさん、かずさん)
  • 大人トラベラーの3名(saki-san-beautyさん、kannaさん、かずさん)
  • 大人トラベラーの3名(saki-san-beautyさん、kannaさん、かずさん)
まもなく年の瀬、年末年始に海外旅行を計画している人も多いのでは? 事前にガイドブックやネットで調べるのはもちろんだが、現地にいって行ってみたものの場所が分からず、友達と連絡を取る術もなく…「さて、困った」なんて経験をした方も多いはず。そこで活用したいのが、“海外パケット定額サービス”。今回はNTTドコモの「海外1dayパケ」を実際に海外で利用した3名のブロガーの話を聞いた。

「海外1dayパケ」は、その名の通り、国・地域別に設定された3種類の定額料(980円、1,280円、1,580円)、1日(24時間)ごと定額制で1日の利用からOKな海外パケット定額サービスだ。さらに9月10日以降より、アメリカ(本土)・ハワイを含む地域で一部定額料が値下げされているのも大きな魅力となっている。

今回、そんなサービスを手に海外旅行を楽しんだというブロガーたち(saki-san-beautyさん、かずさん、kannaさん)。では、3名は実際どんなシーンで役だったのか?

「1泊だけの旅行だったので1日だけ使いました」というkannaさんは、「主に道を検索する時に役立ちました。色んなところを見て回るのが好きなんですが、知らない場所に行ってみたり、本当に迷ったときとか(苦笑)、すぐ調べられるからやっぱりあると便利だなって」と最もベーシックな(?)使い方だったよう。

一方、SNS隆盛の現代ならではの使い方だったのが、「主人の社員旅行に便乗して、ハワイに」と笑うsaki-san-beautyさん。「私は道を調べるとかではなくて、ブログを書きたくて使わせてもらったので、行きたいお店は事前にガイドブックとかで調べて、現地にも持っていってきました。(海外1dayパケを)使ったのはLINEとブログに写真をアップする時です。現地でアップしてみたかったんです。『ビーチにいます!』とか『○○にいきました!』みたいな。やっぱりレスポンスも早くて、友達から『わ~いいなぁ」って(笑)。 海外でインターネットを使ったのは初めてだったんですが、“速さ”も全然問題はなかったです」。

そして、3名の中で最もチャレンジングな使い方をしていたのが、かずさん。「タイに、日本で知り合った人が住んでいて、『会おう』って話になったんですけど、会う場所とか事前に決めてなくて、現地についてからFacebook上で場所を決めました。外に出ているときにそういう連絡がきたので、良かったかなと思います」。

まさに三者三様の使い方だが、旅行大好きというかずさんは、以前他社のものを利用したことがあるそうだが…「数年前に、別会社のものを使ったことがあったんですが、“接続先”をちゃんと選んで設定しないと、(金額が)恐ろしいことになった記憶があります。接続先業者とかが指定されていた気がして…それが怖くて使えなかったんですよ(笑)。いまだと、定額サービスなので接続先はどこでもいい感じだったので、かなり安心でした」。

大人たちだけでなく、年末年始から春までのこれからのシーズンは卒業旅行として大学生たちが最後の思い出作りに海外旅行を多く利用するが、学生時代の思い出の海外旅行を聞いてみると、とkannaさんから凄い思い出エピソードが!

「航空券だけ買って、2週間くらい都市をいろいろ周りました。ハワイ行って、そこからロサンゼルスに行って、その後にシアトルに行って、サンフランシスコまで行って帰ってきました。行き過ぎですよね…(苦笑)。若かったので友達と一緒に1泊2,000円くらいのユースホステルに泊まっていました。学生時代はよくいろんなところ行きましたね」。

そんな旅行大好きな大人の3名に一つお題を。「10万円以下で旅行を楽しむとしたらどこに行きたいか?」。つまりは、“コスパのいい”海外旅行プランは? ということなのだが、saki-san-beautyさんとkannaさんの女性陣2人は「ハワイ」を激推し。

「前の社員旅行で行けなかった所も多かったので、ハワイ・リベンジしたいですね! 行くお店を変えて、ローカルなお店に挑戦してみたいです」(saki-san-beautyさん)、「10万円の予算だったら…やっぱりハワイですね(笑)。20万とかあれば違うとこいっちゃいますけど、10万円の予算内で贅沢するんだったらやっぱりハワイがいいかな。買い物は少し我慢して、ワイキキビーチ沿いの豪華なホテルに泊まって、目の前がビーチ! という贅沢を味わいます」(kannaさん)。

通算20回以上足を運んだというタイ好きのかずさんは、「コスパを考えるならタイだと思います」と流石の答え。何故なのかを聞いてみると、「やっぱり物価安いんで、何するにも全体的に安い。だからあえてタイで、日本だと何万円もするような高級ホテルとかに泊まるといいかなって。日本の半額くらいで泊まれるところもあると思います。物価が安いのに高いところにいくっていう、そういう意味での“コスパ”ですね」。

ちなみに、「海外1dayパケ」による“海外旅行応援キャンペーン”が現在実施中<※実施期間:2015年3月31日まで>。キャンペーンサイトにて5問のクイズにチャレンジし、応募した方に抽選で毎月1名に「100万円の行ってみたかった海外旅行」が当たるという大盤振る舞いっぷりだ。

これから多くなる海外旅行――持ち物に、「パスポート」と「海外1dayパケ」を忘れずに。

卒業旅行に“大人トラベラー”がアドバイス! お得な海外旅行は「ハワイ」と「タイ」?

《text:cinemacafe.net》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)