自転車走行中のスマホ操作、ヘッドホン利用は条例で禁止も

生活・健康 交通・クルマ

【なくせ!自転車事故】走行中のスマホ操作、ヘッドホン利用は危険…ルール以前に身を守るのが本質
  • 【なくせ!自転車事故】走行中のスマホ操作、ヘッドホン利用は危険…ルール以前に身を守るのが本質
自転車に乗っているときにケータイやスマホを使うことを、条例で禁止している都道府県が多い。ケータイの操作や会話に夢中で、障害物の回避などの反応が遅れるからだ。不意に出現した歩行者に気づくのが遅れ、それが接触事故につながる。

こうしたケースの事故件数は最近とても増えているという。

「ヘッドホンで音楽を聴くんだったらいいじゃん」と思う人がいるかもしれないが、そうではない。聴覚という安全確保の手段を失ってしまうからだ。サイクリストは視覚と同じくらい、聴覚を駆使して接近してくる自動車の存在に気づく。

ケータイ運転を注意され、指導に従わないなどの悪質な場合は5万円以下の罰金が科せられるが、条例を守るという以前に、自らの身を守るという本質を忘れないようにしたい。

【なくせ!自転車事故】走行中のスマホ操作、ヘッドホン利用は危険…ルール以前に身を守るのが本質

《編集部@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)