創立130周年を見据え都心に新校舎を建設、共立女子大学・共立女子短期大学

 共立女子大学・共立女子短期大学は、平成28年(2016年)に創立130周年を迎える。明治19年(1886年)の創立以来、女子教育の歴史と伝統を築き、女性に専門知識と高度な技術を習得させることで「女性の自立」を支援し続けてきたという。

教育・受験 学校・塾・予備校
共立女子大学・共立女子短期大学、外観
  • 共立女子大学・共立女子短期大学、外観
  • 神田一ツ橋キャンパス新2号館(イメージ)
  • 入試日程
 共立女子大学・共立女子短期大学(学校法人共立女子学園)は、平成28年(2016年)に創立130周年を迎える。明治19年(1886年)の創立以来、女子教育の歴史と伝統を築き、女性に専門知識と高度な技術を習得させることで「女性の自立」を支援し続けてきたという。

 また、共立女子学園全体の将来構想計画として10数年にわたってさまざまな検討を続けてきた。神田一ツ橋キャンパス(東京都千代田区)本館の完成から神田一ツ橋キャンパス集中化計画の実施、家政学部児童学科の新設などの組織再編、全学的な教養教育の実施、教育方法の改善などを実現してきている。

 現在は、教育環境の再活性化と飛躍発展を目的とした施策のひとつとして、老朽化する神田一ツ橋キャンパス2号館(築57年)の建て替えに取り組んでいる。新2号館は、学生・教職員間の日常的かつ横断的な連携を促す交流空間や、学生のニーズに応じた多彩な教育・研究環境を整備し、共立女子大学の「新たな知の創造拠点」にふさわしい施設になるという。

 自らを「小さな総合大学」と表現する共立女子大学は、学部に家政学部、文芸学部、国際学部、看護学部。専門課程として、自然科学系、社会科学系、人文科学系が揃い、そこには医療、芸術、メディア、教育、建築デザインなども含まれている。小さな総合大学だからこそ、全体の見通しもよく、分野を超えたさまざまな交流を深めることができるようだ。

 特に教養教育の全学共通化は、学部・学科に関わり無くすべての学生が幅広く用意された科目で、学生自らの興味・関心に合わせ自由に選択履修できる。先生と生徒の距離が近いことも特徴で、専門性と幅広い教養を学ぶ中で、学生同士や教員との交流を深め、自分を確立し、社会へと旅立つ女性を育んでいる。

 共立女子大学では、今後女性の高学歴志向や社会進出は一層加速し、女子教育に対する高度で多様な要請は急速に高まり拡大すると捉えている。このような時代の要請に応え、伝統と実績を踏まえつつ、新しい女子教育のあり方を求めて「高い知性・教養と技能を備え、内外に広い視野をもち、個性を発揮して活躍できる女性」「温かく思いやり深い心をもち、品位高く、人間性豊かに家庭や社会に貢献できる女性の育成」に取り組むという。

 なお、共立女子学園は、創立130周年を迎えるにあたり、特設サイトを開設。明治時代まで遡るフォトギャラリーや学園の沿革を紹介しているほか、学園の今を紹介する写真や学園創立130周年をイメージしたスローガン、シンボルマークのデザインを募集している。

◆一般入試B日程(家政学部、文芸学部)
出願期間:2月21日(土)~3月7日(土)
試験日:3月13日(金)
合格発表日:3月17日(火)

◆一般入試B日程(国際学部)
出願期間:2月21日(土)~3月6日(金)
試験日:3月11日(水)
合格発表日:3月15日(日)

◆一般入試B日程(短期大学:生活科学科、文科)
出願期間:2月21日(土)~3月6日(金)
試験日:3月12日(木)
合格発表日:3月15日(日)

◆大学入試センター試験利用入試B日程(家政学部、文芸学部、看護学部)
出願期間:2月21日(土)~3月7日(土)
合格発表日:3月17日(火)

◆大学入試センター試験利用入試B日程(国際学部、短期大学:生活科学科、文科)
出願期間:2月21日(土)~3月6日(金)
合格発表日:3月15日(日)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)