聖マリアンナ医科大学、出願者に受験料など相当額を返還

 聖マリアンナ医科大学は2020年12月10日、2015年度(平成27年度)から2018年度(平成30年度)の一般入学試験の全出願者に入学検定料などの相当額を返還すると発表した。医学部の不正入試をめぐり「長期にわたり受験者、関係者に混乱をもたらした」ことを理由としている。

教育業界ニュース 文部科学省
聖マリアンナ医科大学
  • 聖マリアンナ医科大学
  • 一般入学試験出願者への入学検定料等相当額の返還について(一部)
 聖マリアンナ医科大学は2020年12月10日、2015年度(平成27年度)から2018年度(平成30年度)の一般入学試験の全出願者に入学検定料などの相当額を返還すると発表した。医学部の不正入試をめぐり「長期にわたり受験者、関係者に混乱をもたらした」ことを理由としている。

 医学部医学科の不正入試をめぐっては、東京医科大学で発覚後、文部科学省が2018年12月に医学部医学科を置く国公私立大学を対象に緊急調査を実施し、聖マリアンナ医科大学は「不適切である可能性が高い事案」と指摘を受けていた。

 聖マリアンナ医科大学では、「大学の組織的関与によるものではないが一律の差別的取扱いが認められる」という第三者委員会の調査報告書の結論を踏まえ、「意図的ではないにせよ、属性による評価の差異が生じ、一部受験者の入試結果に影響を及ぼした可能性があった」と認識。2015年度から2018年度の第2次試験受験者(第2次試験合格者と辞退者を除く)に入学検定料相当額を返還する措置を講じていた。

 今回、文部科学省が2020年10月1日付で、聖マリアンナ医科大学の2015年度から2018年度の一般入学試験第2次試験について「不適切な入試があったと見なさざるを得ない」との見解を示したことから、「見解を厳粛に受け止め、学内において再度慎重に検討した結果、長期にわたり受験者、関係者の方に混乱をもたらしたことを内省した」として、返還の対象者や対象費目の拡大を決めた。

 返還の対象となるのは、聖マリアンナ医科大学の2015年度から2018年度の一般入学試験の出願者(第2次試験合格者と辞退者を除く)。入学検定料のほか、出願に要した受験票送料、送金手数料、出願書類郵送料の相当額を返還する。

 聖マリアンナ医科大学では、個人情報保護の観点から、出願書類などをすでに処分しており、個別に案内を出せない状況にあると説明。該当者には、大学Webサイト内の返還手続き申請フォームに必要事項を入力し、申請するよう求めている。

 また、すでに入学検定料相当額の返還を受けた人に対しては、受験票送料、送金手数料、出願書類郵送料相当額を追加で返還する。手続きは不要。入学検定料を返還した振込口座に振り込むため、確認してほしいとしている。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top