【学校ニュース】札幌大、北海道情報大、明海大、金沢工業大、大谷大

教育・受験 学校・塾・予備校

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。3月12日は札幌大学、北海道情報大学、明海大学、金沢工業大学、大谷大学の情報を紹介する。金沢工業大学が金沢駅前から武蔵に至る金沢駅通り線沿道に光のオブジェを設置など。

・【札幌大学】「青少年体験活動奨励制度」に参加した札幌大学の学生が文部科学省を訪問――修了証を受領し、活動報告を行う
 「青少年体験活動奨励制度」は、青少年のさまざまな体験活動へのチャレンジを奨励するもので、定められた領域の活動を一定期間達成すると、文部科学省から修了証が授与される。このたび、同制度の活動に参加した札幌大学の学生に修了証が授与されることとなった。3月16日には同大の代表学生が文部科学省を訪問し、活動報告を行う。

・【北海道情報大学】北海道情報大学の学生が「えべつ未来づくり学生コンペティション」で未来づくり大賞を受賞
 北海道江別市が主催した「えべつ未来づくり学生コンペティション」で北海道情報大学の学生チームが「未来づくり大賞」を受賞した。

・【明海大学】埼玉県の明海大学歯学部と南アフリカ共和国のウェスタンケープ大学歯学部が学術交流協定を締結 ――両国の歯学部間で初の調印
 3月12日、明海大学歯学部(埼玉県坂戸市・学長 安井利一)は、姉妹校である朝日大学歯学部(岐阜県瑞穂市)とともに、南アフリカ共和国のウェスタンケープ大学歯学部と学術交流協定を締結する。

・【金沢工業大学】金沢工業大学が地域企業との連携事業として、北陸新幹線金沢開業に合わせて、金沢駅前から武蔵に至る金沢駅通り線沿道に光のオブジェを設置 ~3月31日まで
 金沢工業大学では、「空間デザイン研究」プロジェクトが制作した80個の「ほしあかり」のオブジェを、3月1日から3月31日まで金沢駅前から武蔵に至る金沢駅通り線沿道に設置。このオブジェは、金沢駅前第一ビルと金沢駅通り線まちづくり協議会からの委託を受けて実施。夜間の歩行者の道しるべになるとともに、夜間の人の往来が活発になることで、街の発展にも貢献したいという想いが込められている。

・【大谷大学】大谷大学が開催した「大谷大学文藝コンテスト」の受賞者が決定
 大谷大学では2014年度より、「新しい文学部」のあり方として「読み書き」能力を鍛え上げ、激動する現代社会を自ら考え生きることのできる人物の育成を目指している。その中で、高大連携事業の一環として「大谷大学文藝コンテスト」を開催し、全国の高校生を対象に募集した。エッセイ部門は266作品から優秀賞3点、小説部門は75作品から最優秀賞1点、優秀賞2点が選出された。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)