【夏休み】東京ミッドタウン、日本の夏を五感でたのしむ…イルミ・花火・風鈴

趣味・娯楽 その他

ミッドタウン ラブズ サマー 2015開催
  • ミッドタウン ラブズ サマー 2015開催
  • ミッドタウン ラブズ サマー 2015開催
  • ミッドタウン ラブズ サマー 2015開催
  • ミッドタウン ラブズ サマー 2015開催
  • ミッドタウン ラブズ サマー 2015開催
  • ミッドタウン ラブズ サマー 2015開催
  • ミッドタウン ラブズ サマー 2015開催
  • ミッドタウン ラブズ サマー 2014の様子
東京ミッドタウンの夏の恒例イベント「ミッドタウン ラブズ サマー 2015(MIDTOWN LOVES SUMMER 2015)」が、7月17日から8月30日まで開催される。

今年は初登場となる「サマーライトガーデン(SUMMER LIGHT GARDEN)」を始め、“日本の夏の涼を五感で愉しむ”をテーマに五感で日本の夏を感じられる様々な企画が用意される。毎日18時30分から23時に行われるイルミネーション「サマーライトガーデン」では、芝生広場にゆったりと流れる光の川の先に、光による高さ約8m×横幅30mのダイナミックな滝が出現。特別演出として色鮮やかな“ひかり花火”も打ちあげられる。花火は最大約8mの大輪や10連発のスターマイン、迫力あるナイアガラフォールなど様々。クライマックスには音楽に合わせて色鮮やかな花火が次々と打ち上がる。

「オーバー ザ リーンボー(OVER THE RIIIIIIINBOW)~風鈴音色~」では、東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで行われている企画展「動きのカガク展」のディレクター、萎川勢一が率いる「ドローイングアンドマニュアル」が館内に様々な風鈴を展示。1階、2階、3階の3つのエリアにわけて、夏の空をイメージした虹色のオーガンジーの装飾とリンクするように7種類の風鈴が設置される。1階では6種類の風鈴によるアンサンブルが、2階では自然の素材の備長炭風鈴、石風鈴、陶器風鈴による高低差のある音色が楽しめる。また、3階では金属素材の風鈴が甲高く澄んだ音色を奏でる他、「動きのカガク展」との連動企画として、人の動きを感知すると風が吹くシステムが導入される。

世界No.1ラムブランド「バカルディ(BACARDI)」による屋外カフェ「バカルディ ミッドパークカフェ(BACARDI MIDPARK CAFE)」では、バカルディモヒートを始めとする様々なドリンクやフードを販売。スイカやパイナップルなど、生のフルーツの器で楽しめるメガサイズのモヒートも登場する。また、旬のフルーツを使ったスペシャルモヒートも週替わりで提供される予定だ。

その他、ミッドタウン・ガーデンを流れる小川に足を浸して、“日本の夕涼み”を堪能出来る「アシミズ(ASHIMIZU)」や、キッズ向けプログラム「なつやすみ キッズが楽しむミッドタウン」などが開催される。

東京ミッドタウンの夏イベントは“ひかり花火”と夕涼み。屋外モヒートカフェも出現

《木村@HEW》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)