【夏休み】スマホアプリで作る「自由研究ノート」キット発売

教育・受験 学校・塾・予備校

「身近な色を集めよう」作成イメージ
  • 「身近な色を集めよう」作成イメージ
  • 「自由研究ノート」キット・上段低学年向け、下段高学年向け
  • 「身近な色を集めよう」
  • 「世界の国を調べよう」
  • 「世界の国を調べよう」作成イメージ
 500円フォトブックの「TOLOT(トロット)」は、アプリで作ることができる小学生向けの「自由研究ノート」キットを、7月10日に公開する。あらかじめ研究テーマを設定してあるので、テーマ決めで悩むことなく夏休みの自由研究を完成させられるという。

 「自由研究ノート」キットは、夏休みの自由研究に使える書き込み式のフォトブック。テーマに合わせた写真を添付し、インストールしたアプリで注文すると、写真入りの自由研究ノートが届く。そのノートにテーマについての情報や感想を子どもが記入すると、自由研究ノートが完成する仕組み。記入する項目もノートに書いてあるため、低学年の子どもでも迷わず書き込めるという。

 テーマは対象年齢に合わせて1種類ずつ用意され、計2種類。小学1~3年生向けのテーマは「身近な色を集めよう」。赤・青・黄・緑の4色から好きな色を選び、その「色」のものを家や近所で30枚撮影、撮った写真をアプリで選び、注文して届いたノートに撮ったものの情報や、それについて調べたこと、気づいたことを書き込む。見つけやすさを示す星マークを塗る欄があるなど、子どもが楽しく作業できるデザインになっている。

 小学4~6年生向けのテーマは「世界の国を調べよう」。子ども(研究者)の写真を1枚選ぶと、冒頭に簡単なプロフィールが書けるページが自動挿入される。注文して届いたノートに、29か国分の国旗の作画や地図、国の概要、調べた方法、わかったことや感想を記入することで、研究レポートが完成する。TOLOTは、「海外の情報を調べることで国際感覚が養える、学びの多い自由研究になる」としている。

 「自由研究ノート」キットのアプリは、スマートフォンのAndroid版、iPhone版にのみ対応しており、パソコン版は非対応。注文してから届くまでの日数や使い方など、詳細は同社Webサイトで確認できる。
《塩田純子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)