【高校野球2015夏】大阪桐蔭、夏4連覇ならず

 大阪桐蔭は7月28日、全国高校野球選手権大阪大会で大阪偕星学園と対戦し2-3で敗れ、準々決勝で姿を消した。大会史上初となる4連覇は成らなかった。

趣味・娯楽 スポーツ
大阪桐蔭中学校・高等学校
  • 大阪桐蔭中学校・高等学校
  • 甲子園球場
大阪桐蔭は7月28日、全国高校野球選手権大阪大会で大阪偕星学園と対戦し2-3で敗れ、準々決勝で姿を消した。大会史上初となる4連覇は成らなかった。

大阪偕星は初回に先頭の姫野優也がセンター前ヒットで出塁すると、犠打と適時打で1点を先制する。その後も連打が出て早くも2-0とリードした。三回には再び姫野が今度はレフトスタンドに飛び込むソロホームラン。立ち上がりを攻め差を3-0とする。

三回以降は大阪桐蔭の田中誠也投手も立ち直り無失点。打線も追い上げたが、あと一歩およばなかった。試合後に田中は「周囲の『勝って当たり前』という雰囲気にプレッシャーを感じていた。自分たちにそういった気持ちはなく、不安ばかりだった」と胸の内を語った。

高校野球をリードしてきた大阪桐蔭の早過ぎる敗退に、「平安、近江に大阪桐蔭まで予選落ちか。どこが優勝するか読めないな」「大阪桐蔭もPLも横浜も負けたか! 甲子園出るのは大変」「甲子園に魔物が住むとはいうけど、今年はすごいな」「何が起きるかわからんゆーても桐蔭や思ってたからびっくり」「4強に大阪桐蔭、履正社、PL学園の名前がない。なんか、新鮮だ」など、今年の優勝校予想がますます難しくなったという声が多い。

初戦で最大のライバル履正社と対戦、事実上の決勝戦と言われた試合に勝利し、ここまで上がってきた大阪桐蔭。そのことが選手たちに重圧となってのし掛かったようだ。

【高校野球】大阪桐蔭、地方大会ベスト8で敗れる…夏4連覇は成らず

《岩藤健@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)