【高校野球2015夏】東海大相模が5年ぶり決勝進出…45年ぶりの優勝なるか

趣味・娯楽 スポーツ

高校野球 イメージ
  • 高校野球 イメージ
第97回全国高校野球選手権大会13日目、準決勝第2試合に登場したのは東海大相模(神奈川)と関東一(東東京)。試合は初回から積極的に仕掛けた東海大相模が10-3で勝利した。

東海大相模の“アグレッシブ・ベースボール”は初回から見られた。1番の千野啓二郎がヒットで出塁すると、続く宮地恭平がバスターエンドランを仕掛けわずか5球、ヒット2本で先制する。この回だけで東海大相模は4点を奪った。

投げては先発の吉田凌がキレのいいスライダーを武器に、関東一打線を7回8安打、1失点、6奪三振に抑える。八回から登板した小笠原慎之介が2点を失ったものの、最後は併殺打を打たせ大量リードを守った。

この結果により仙台育英と決勝を争うことになった東海大相模。最後の決戦を前に「決勝は仙台育英VS東海大相模かー。すごく順当なカードになったな」「仙台育英と東海大相模か、これは熱い」「今年のチャンピオンを決めるにふさわしい熱戦を期待したいね」「悔いのないように、最後、全力で戦ってほしい!頑張れ!」など、持てる力を出し切り熱い試合をと期待する声が多い。

熱戦が続いた甲子園も最後の1試合を残すのみとなった。今年の王者を決めるに相応しい、最高の一戦が望まれる。

【高校野球】東海大相模が5年ぶり決勝進出…45年ぶりの優勝なるか

《岩藤健@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)